25cm口径反射望遠鏡「銀次の部屋」IV 兼 亀田 滋のHP:掲示板のコーナー3

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

同日の火星。こちらは比較的良像。

先の記事での日食撮影の後、ベランダでC8一式を火星撮影のために温度順応していました。
そろそろ最大視直径と黄金位相が重なる、この2年2ヶ月(というか次の2年2ヶ月を待っても、もっと接近条件は悪くなります)のうちでの最大の好機がやってきています。こんな時に体調が万全でなく、残念ですが、現実はどうにも変えられません。

先週末はいざ火星撮影の準備をしていたのに、夕飯の鍋の中の何かが悪かったらしく、まず家人がその次に私が腹痛に至り(子は次の日にやはり出ました)、結局機会なしに終わりました。

ようやく機会を得ました。ALPO Japan Latestを拝見しても、国内の火星像は、ぴりっとしません。
海外のものに非常に秀逸なものが多いと感じます。
木星のように日本の緯度で仰角が低いために気流条件が悪いということは考えにくいです。火星はほぼ東から立ち上っており、時間帯を選べば充分な仰角を得られるからです。(私自身は諸事情あってあまり深夜の撮影はできませんが。)

となると、上空のジェット気流の差が画像の詳細度の差として出ている、ということなのでしょう。
こればかりは、技術でカバーできるものではありません。
冬場の火星接近は、視直径が小さいばかりでなく、このような気流条件で画像になかなか満足感を得られない、という要素が大きく、2年毎ほどのモチベーションが私の中で上がって来ないのでしょう。

5AVI連結、9357フレーム合成です。Registaxの最終処理での拡大処理をした画像も併せて公開します。

       m20100115b_g_L12_9357R3.jpg m20100115b_g_L12_9357R3b.jpg

同じ処理でもう少しWavelet処理を強めにかけてみました。先ほども同じくLinear[1:2]設定でしたが深さを変えてみました。

       m20100115b_g_L12_9357R32.jpg m20100115b_g_L12_9357R32b.jpg

このほうが各模様はもっとしっかり出ましたね。
大規模な雲の発生は報告されていませんので、画像右下の高輝度部分は処理のアヤでしょう。よくこの位置に高輝度のアヤが出るのはToUCamの特性なのでしょう。一種、ビデオ素子のインタレース記録上の強調処理と考えられます。

主な地名を入れてみました。

       m20100115火星図.jpg

今シーズンの撮影では最もまともに撮れた成果かもしれません。
こちらは国内の火星像と比較する範囲では、遜色のない出来になったと思います。
しかし、観賞用として例年のように大いに満足という達成感はありません。
次週になれば更に気温は高くなるようです。そこでの気流安定を期待しましょう。
いよいよ黄金位相到来です。



テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/01/16(土) |
  2. 天文・天体画像
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

お粗末。部分日食は鉄塔の影に。

年末休み直前から久々に風邪をどこからかうつされてしまい、(その他にも血液検査を重ねて不具合の原因を診て貰っている事情もあって)早めにお休みを頂いたものの、天文活動に関して言えば、年末年始は非常に不活性な日々を送りました。初日の出撮影も頑張ったのはOptioSVで、私は大事をとって寝てましたし。

元旦の部分月食をそのような事情と西側の山および雲の邪魔で機会を得ず、この2010/01/15の部分日食は、何とかトライをしたいと考えていました。風邪はまだ治らず、先日、内科で風邪とアレルギーの薬を貰って様子を見てましたが、この日は親会社職場の不稼動日でもあり、お休みを頂き、夕方ようやく体調の様子見をしつつ準備をしていました。

元旦の部分日食より更に仰角的な条件が悪い今回の日食ですから、とにかく玄関の西側に聳え立つ山から距離を置かねばなりません。
どこかの公園で設営しても、遊ぶ子たちなど、夕方ならではのいろいろ配慮しないといけないことが多そうに思え、また車で乗り付けて、路上駐車を気にするのも性分に合いませんから、いつもベランダから東に見える対岸(?)の高台に歩いて行きました。
ミニボーグ45ED一式をカバンに入れ、スカイパトロールIIと三脚はそのまま抱えて、山道を歩くこと15分、ようやく目的の公園に着きました。自宅のあるマンション群が3枚目の写真の右手奥の山の斜面に見えます。

       2010_0115_162327AA.jpg 2010_0115_163908AA.jpg 2010_0115_163927AA.jpg

覚悟していた犬の放し飼い散歩はそれほど居なかったのですが、1人(1組)居れば充分でした。その高台公園の全てのテーブルに自分の荷物を置き、一番奥のベンチに腰掛けて、逆側に居る私のほうまでやってきた犬に大きい声で「たかちゃん、そっちはいったらあかん。お邪魔やで。たかちゃん。こっち来とき。いい子やから。たかちゃん。」の連発。犬はあんたが恣意的にこっちに転がしたボールを追って来ただけのことじゃないか....。
近くに来て「見えますか?」と言われればE5000のモニタを見せてあげることはできたのですが、一切寄っては来られず、大声で私の足元から去らない犬に日本語で「説得」を続けられます。(私は犬は好きですが、こういう方が多いので愛犬家という種族を好きになれません。)
そのうち、そのお仲間が集結して来ました....(^^;)。

場所決めをした時に既に手前にかかる電線の多さに辟易して他の場所も探したのですが、周囲の空き地は全て宅地開発のために頑丈な柵がしてあり、中に入れません。何度かその高台公園を降りて、周囲を探しましたが結局、そこに戻ってきた時には、もう現象が始まる直前でした。

       2010_0115_164344AA.jpg

写野の前をチラチラ犬や人に横切られるのが最も撮影の障害になりますので、機材と太陽の間には何も入れない位置を選んで公園の縁に設営をしたのですが、それが仇となりました。
どんどん太陽が高圧鉄塔に吸い寄せられて行きました.....(^^;)。

       2010_0115_164927AA.jpg

直前まで雲に隠れていた太陽は出番になって顔を見せてくれたのに、今度は覚悟した電線だけでなく、鉄塔が現象を隠してしまいそうです。まだ欠けていませんね。

ようやく太陽の右下が僅かに欠けて来ました。そこに見えない月があるのですね。

       2010_0115_165007AA.jpg

更に欠け際が増えましたが、鉄塔に隠れてしまいそうです。欠け際より鉄塔の影のほうがインパクトあります....(^^;)。

       2010_0115_165041AA.jpg 2010_0115_165101AA.jpg

このあたりが確認できた最大食分でした。

       2010_0115_165233AA.jpg

直後に欠け際は山の稜線にとって変わられてしまい、もう欠け際は見えなくなりました。

       2010_0115_165317AA.jpg 2010_0115_165421AA.jpg

それにしても憎っくき鉄塔です。いや事前調査不足の私が悪いんですけどね....。

       2010_0115_165515AA.jpg

非常に達成感なく、撤収を始めましたが、お邪魔活動も終わったと思ったか、急に犬の散歩族の方々も蜘蛛の子を散らすように消えました。散歩と談笑が目的ならまだ居たらよかろう...(辟易)。

高台公園を降りる途中で、とっくに日没になった後、「幻日」を見ました。なので急遽手持ち撮影しました。
大気の屈折で水蒸気中にニセの太陽が見える一種のプリズム現象です。
条件がよければ幻日も欠けた状態に見えたでしょうか。撮影はこの位置のほうが良かったですね...。

       2010_0115_170143AA.jpg

帰宅して、夜の火星撮影が終わってから日食の成果も確認しましたが、どうにか欠け際が少しでも写っていて安堵しました。
しかし観賞用としては非常に価値がないものになってしまいましたね。
帰宅の山道の気分は非常に悪かったです。小学校低学年の頃、何かの粗相で暗くなるまで学校に残されたか何かで、神社境内の脇の闇を通り抜けながら20分の道を高槻の自宅に帰った日の気分と光景を思い出しながらの帰宅となりました。



テーマ:朝日・夕日の写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/01/16(土) |
  2. 天文・天体画像
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Finepix F31fdをもう1台買いました。

一時期のFinepix F31fdの異常なほどのブーム、販売終了後の中古価格の高騰などを、価格.comなどへの記事投稿、「銀次の部屋50」他での実写レポートなどで、私自身がその流れを大いに後押ししてしまった感がありました。勿論、個人的にはその動きから何の恩恵も得ず、むしろその価格高騰で現行機の有事代替機の調達もできないデメリット状態になってしまっていました。
きっとお商売上手の方でしたら、ブーム形成を後押しするのと同時に価格高騰前の新古品などを仕入れておいて大儲けされたでしょうね。

最近は、ようやく中古市場にも再度この機種が出回ってきて、価格も落ち着いてきました。
そのようなお商売上手な方に煽られて買ったものの、機材の良さを引き出せなかった方がまた手放した、というようなことも多くあるのでしょう。yahooオークションで即決価格の設定のあるものを待っていましたが、とても美品のものとご縁があり、入手しました。

       2010_0102a.jpg

16000円ほどでした。本来の妥当な価格ですが、付属品も完備、かつ本体にも汚れや傷など無く、非常に良いものでしたから、これは私のような人間には非常にお値打ち品です。

これで今、惑星撮影から常備携行機としてスナップ、ポートレートまで、とにかくマルチユースで使っている現行機に万一落下破損などの事故が起こっても、代替機が確保できましたので安心です。
先日のSANYOやJVCの最新機種と比べた記事(ムービー主体機種なので完全な比較にはなりませんが)や、秋の紅葉の記事などを通して思うに、やっぱりF31fdに代わる機種は当面無いのだろう、というのが結論です。

画像処理については、もう書き足すことがないほど、過去に記事にして来ましたが、改めてこのカメラはレンズも非常に良い印象です。
VGAムービー撮影の際は、撮影開始時点の被写体の距離でフォーカスがロックされますが、そのことで、背景のボケ具合などが被写体の動きに影響して変化したりせず、被写体がレンズに対してそれほど前後に動かないシーンでは、「動くポートレート」のように、実に美しいのです。静止画に切り出しても、その美しさは充分味わえます。(ポートレート画像は個人情報次元のものでもあり、公開は致しませんがご容赦下さい。)

極小サイズの筐体に、必要な露出制御や機能は全て実装されています。
こんなカメラ、かつて無かったし、これからも無いでしょう。

今後も様々な気になる銘機候補は出てくるでしょう。でもまずはF31fdの予備機を確保しなければ、話は始まらないと思って、今回ようやく落ち着きました。

※本ブログのアクセスが25000を超えました。FC2のカウンタ特性の選択にあまり自由度がなく、重複カウントの設定が有効のため、実数は過去の「掲示板1、2」時代やホームページの旧URL時代よりは落ちているかとは思いますが、相変わらずのご愛顧、感謝致します。



テーマ:デジカメ - ジャンル:写真

  1. 2010/01/02(土) |
  2. 技術情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

謹賀新年。恒例の初日の出画像です。

2010年も明けました。本年も宜しくお願いします。
恒例のPentax Optio SVのインターバル撮影機能による初日の出画像です。
前夜の22:00ごろ「8時間30分後に撮影開始。1分おきに99枚(最大値)連続撮影する。」設定にしておきました。
インターバル撮影開始のディレイ機能があるのは、Pentaxだけです。こういうケースで非常に重宝します。

夜間冷却や長時間待機での電池消耗の影響もなく、設定通りの時刻に撮影開始です。(06:30)

       2010_0101_063010AA.jpg

順調に夜景が後退し、空が明るくなって来ました。(06:36)

       2010_0101_063629AA.jpg

肝心の日の出時刻には雲がちになってしまいました。(07:04)

       2010_0101_070453AA.jpg

ようやくご来光です。(07:19)

       2010_0101_071937AA.jpg

順調に良い感じですね。(07:31)

       2010_0101_073113AA.jpg

このあたりが綺麗のピークだったようです。(07:35)

       2010_0101_073525AA.jpg

それから25分間、ずっと太陽の高さに雲が追尾するかのように邪魔をし続けて....(08:01)

       2010_0101_080140AA.jpg

ようやく再びご来光です。(08:03)

       2010_0101_080346AA.jpg

旧年は私には非常に良い年になりました。年頭記事で祈願した通りの「公私ともに、周囲に居られる方々と互いに尊重しあって、1+1が3にも4にもなる局面を、あちこちで目の当たりにできる、そんな良い年」となりました。
この2年ほど深夜、早朝、昼休みに精進したことの結果が実を結びました。実名での公開世界であります本ブログ、ホームページにはまだ出す時期ではないと考えておりますが、自分の立ち位置をしっかり確認でき、ようやく「自分探しが終わった」1年となりました。
職務でも理解ある方々が徐々に集まって来て下さり、私の能力をうまく活かして下さる状況を保持し続けて下さる光栄を得ました。
今年は新しい世界での新しいご縁、そして従来からのご縁を一層大切にして、今まで頂いたご支援、恩恵をご恩返しとして、また私が別の人にリレーしてゆく、そんな1年にしたいと思います。

皆様にとって今年も良い1年でありますことをお祈りします。

さて、この初日の出より先行してこの明け方に、半影月食があったようですが、うちでは西側の山と雲で機会はありませんでした。
欠け具合の予報を見ても、部分月食というよりは、半影月食程度でしたので、画像でなければ欠け具合は分からなかったかも知れませんね。

今月は2010/01/15(金)の日没時に部分日食が見えるそうです。大阪周辺では、欠け始めとともに日没となり機会はそれほど無いかもしれませんが、関西以東よりは条件は良さそうです。
家からでは西の山が邪魔となるため、時間帯も考えると、出勤しておれば職場から見るのが一番良さそうかもしれません。





テーマ:朝日・夕日の写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/01/02(土) |
  2. 天文・天体画像
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

火星。滑らかな階調と色彩が美しいです。

当夜は火星を撮れました。
ベランダからの撮影可能時刻帯において、大シュルチス、子午線湾、ヘラス盆地の3点セットが揃う、いわゆる「黄金位相」は当該週半ばに終わってしまっていて、今週末を逃すと、大シュルチスまで撮影の機会を逃してしまいます。
そこで体調が整わないものの、ベランダ使用を当夜は00:30まで家人に許可を得て、C8一式を設営し、撮影しました。
エアコンの室外測定機能では外気温は零度でした。が、体感気温はもっと低い感じでした。
手袋を外してPC操作をしてまた手袋をはめて撮影をするのですが、その一瞬の間に手や指が凍えて痛くなってきました。

今夜は気温の割りには気流はそれほど荒れていませんでした。夜景の光が暴れていませんでしたので、そのような予感はありました。今までの撮影よりは、幾分でも火星の仰角は大きくなっており、その分、低空気流の影響を受けにくくなっていることにも大いに期待しました。

最初の5AVIを連結処理した9417フレーム合成の仕上がりです。後処理での若干拡大画像も併せて公開します。
機材はC8(NexStar8i)一式、LV8-24mmZoom、TouCamProIIです。

       m20091219_abcde_L13_9417R3.jpg

       m20091219_abcde_L13_9417R3b.jpg

今回のRegistaxによる後処理では、Wavelet処理はLinear[1:3]に再設定しました。最近私が常用しているLinear[1:2]よりも、滑らかで細部も良く見えたので、そちらの設定での仕上がりを公開します。

続いて、最後の2AVIを連結処理した4714フレーム合成の仕上がりです。後処理での若干拡大画像も併せて公開します。
少しザラザラしているのは、上出の画像よりフレーム数が少ないためでしょう。

       m20091219_fg_L13_4714R3.jpg

       m20091219_fg_L13_4714R32.jpg

満足な結果を得たと思います。欲を出せばキリはないのですが、まあこの時期の気流条件下ではこんなものかなあと思います。色彩がとても美しいです。眼視での印象もこのような色相でした。

今回は模様が比較的鮮明なので、撮影画像に地名解説を加えました。

       20091219火星図.jpg


ホームページ本体が140000アクセスを迎えました。光栄なことです。いつもありがとうございます。


テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2009/12/20(日) |
  2. 天文・天体画像
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ

FC2カウンター

プロフィール

亀田 滋

Author:亀田 滋
1996年にプロトタイプ公開で始まった「亀田 滋のホームページ」でご好評の「25cm口径反射望遠鏡『銀次』の部屋」(2008/10現在HP全体で12万5000超アクセス)と、掲示板のコーナー1、2(2008/10現在通算26万超アクセス)の続きはこちらで!

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

旅先などでの味わい (19)
天文・天体画像 (67)
ブログ運用 (4)
投稿スレッド (7)
はじめに:ブログ開設ご挨拶 (1)
限定公開 (2)
徒然 (23)
重要告知 (4)
創作関連 (4)
観光 (5)
技術情報 (9)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。