25cm口径反射望遠鏡「銀次の部屋」IV 兼 亀田 滋のHP:掲示板のコーナー3

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

もつ鍋にようやく開眼。

今週末も天候に恵まれません。そろそろ木星撮影のシーズンですが、まあ焦らず好機を待ちましょうか。

今まで、いろいろな機会に「もつ鍋」をトライしたのですが、いまいち、特別扱いされるほどの旨いものという実感がありませんでした。今回、お邪魔した江坂の「博多もつ鍋 一級 江坂本店」さんで、ついに「おお。こんな旨いものだったか!」と納得できました。
こりゃあ、特別、旨いものだと思いました。今まではどうもピンと来るものが無かったのでした。

http://r.gnavi.co.jp/c516200/

最初にこの店をタウン誌「ホットペッパー」で見つけたのは、「ホットペッパー江坂・新大阪版」の薄っぺらい「最終版」でした。最終ページに「次号からは大阪キタ版に併合されます」とありました。景気の悪い波はこんなところにも....寂しいですね。

と、脱線しましたが、この店を最初にいいなあと思ったのは、もつ鍋そのものではなく、「火水木限定、生ビール2時間タダで呑み放題」のクーポンでした。2時間、タダで呑み放題!凄いじゃあないですかー。
この際、ビールの銘柄はきっと私がいつも揶揄しているアレでしょう、とは思ったものの、メインの食材の添え物としてもダメだと思ったことはありませんから(その銘柄がビールの王道で、他は邪道、みたいな国内の井の中の蛙的味音痴な空気がイヤだと常々言っているのです)、とにかく予約して行きました。
そのクーポンは、他の割引とは併用できない、とあるので、予約時に確認しましたが「別にコースなどを頼まなくても、単品注文に併せて生ビール2時間タダOK!」とのことでした。(勿論、何か頼まないと呑むだけはダメですよ^^;。このクーポンは予約の際に使うことを申し込んでおく必要があります。)

あいにく今年の梅雨らしい梅雨の雨の中、地下鉄御堂筋線、江坂駅から歩いて10分ほど、ようやく「博多もつ鍋 一級」さんに到着しました。
煙もうもう、親父ドヤドヤな勝手なイメージを持って出かけましたが、予想外に洗練された綺麗な店で、勝手なイメージだった「もつ鍋屋」のムードは微塵もありません。迎えに出て下さった店長さん、スタッフさんもハンサム系(そんな単語ある?)&愛想度良好。これもなかなか好印象でした。(雨だったので店外の画像なし。)

今回、ご一緒したゲストさんが九州の出で(顔出しNGです)、本場のもつ鍋にはかなりこだわりのある人でした。何種類かあるメニューの中から「まずはこの味で店の実力が分かる」との、「醤油味」(1人前\1260。注文は2人前から。)を頼みました。メニューにも「本場の味を再現するために、博多でしか売っていない醤油を直送して...」とあります。「九州味噌味」「京風味噌味」「韓国風辛味噌味」もありましたが「あえて、これ。」とは、今回のゲストさんの言です。

早速、ビールも頼みました。やはりア○ヒ スー○ー○ライでした。まあいいじゃないですか(おいおい^^;)。無料2時間¥0!で、それは今夜のメインではありませんから。
店長さんにこのキャンペーンの動機を伺いますと、「やはり暑くなってくると、鍋は難しいですよね。あと、店の立地がよくないので、ここはひとつ奮発して(^^)。」とのことでした。

早速、出てきました。先日の「龍の巣」の「かすもつ鍋」のように、食材てんこ盛りではありませんでしたが....。まずはおダシから.....。

       200906motu1

「うおー。これは旨いっ!」。絶叫しました(おいおい^^;)。
もうこのダシで、充分「もつ鍋とはこういうものだったんだ。別格に扱われて当然な旨いものだった。」と実感しました。

もう後は、うおうお言いながら、その美味を堪能しました。
今回のお連れ様も「これ以上の味となると、本場九州で何軒かある程度で、充分立派なもの」とのお墨付きでした。
これ、重要ですよね。「もつ鍋素人」の私が、初めて自分の気に入った味だからって、「これぞ本物」と言うには、はばかられます。その根拠がやはりこういうレポートには、必要ですよね。
どうやら、私のもつ鍋開眼、お気に入りの味は「本物」の味わいのようです。

結局、あまりの旨さに、鍋の中身は、もつ、野菜とも、1人前ずつ追加しました。
味わいに気をよくして、他にこんなのを頼みました。

まずは「焼きもつ」(\735)。店のお勧めメニューです。
このもつ鍋の旨み凝縮。ふわふわの食感に、甘さ満点の脂....絶叫の旨さです。
(絶叫でちょっと画像、手ブレしましたか....すみません。^^;)

       200906motu2

「酢もつ」(\735)これも店のお勧めメニューです。私は酢のものはあまり得意ではないのですが、これは実にマイルド。旨いです。「焼きもつ」とは違う部位のホルモンで、食感がコリコリします。

       200906motu3

あとは冷奴盛り合わせ(\575)。単品でも売っている「青どうふ」(\365)と「ごまどうふ」(\365)の両方が楽しめます。

       200906motu4

ゴマは白ゴマの練りこみでなく、黒ゴマが形状を若干とどめたもので、よくあるゴマ豆腐(それは豆腐ではなく、ゴマペーストと寒天類で仕上げた食材であるのが一般的)とは違った旨さがあります。青豆腐が絶品です。青大豆から作ったもので、大豆の風味が凄いです。塩と薬味がついてきましたが、両方とも何も要りませんでした。

2時間で呑み放題の時間は終わりましたが、食べるほうは勿論、追い出されることなく、最後まで堪能しきりました。この点も重要なことですよね。

しかし、これほどのご立派な味わいなのに、立地条件的に「生ビール2時間タダ」ですか....。お商売は厳しいものですね。まあそれは飲食業に限らず、今は全ての業種がそうなのでしょうが。なのでこんな良いお店は、微力ながらレポートで盛り上げさせていただきますよ(^^)/。

今月(2009/07月)もホットペッパー(大阪キタ版)には、「生ビール2時間呑み放題¥0」のクーポンがありますので、ぜひお試しを。このお店も必ずまたリピートしますので、私が取り巻きと居るのに出くわしたとしても、どうぞそっとしておいて下さいませ(^^)。
箕面店はそのクーポン、火水木だけでなく、曜日指定なしのようです。そちらがお近くの人はそちらでぜひ(^^)。

スポンサーサイト

テーマ:食べ歩き! - ジャンル:グルメ

  1. 2009/07/05(日) |
  2. 旅先などでの味わい
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<いよいよ、うちの銀次用ポンセマウントの製作を開始頂いたようです。 | ホーム | 久々の晴天。今夕は月を撮りました。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sigkam.blog105.fc2.com/tb.php/94-7562fe50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

亀田 滋

Author:亀田 滋
1996年にプロトタイプ公開で始まった「亀田 滋のホームページ」でご好評の「25cm口径反射望遠鏡『銀次』の部屋」(2008/10現在HP全体で12万5000超アクセス)と、掲示板のコーナー1、2(2008/10現在通算26万超アクセス)の続きはこちらで!

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

旅先などでの味わい (19)
天文・天体画像 (67)
ブログ運用 (4)
投稿スレッド (7)
はじめに:ブログ開設ご挨拶 (1)
限定公開 (2)
徒然 (23)
重要告知 (4)
創作関連 (4)
観光 (5)
技術情報 (9)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。