FC2ブログ

25cm口径反射望遠鏡「銀次の部屋」IV 兼 亀田 滋のHP:掲示板のコーナー3

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

ついでに。

「Tales from Topographic Oceans」、世界でダブル・プラチナ(2千万枚)のセールスを記録した1974年のYESの1つのピーク作品です。日本では難解がゆえにか無視され、その1つ手前の「Close To The Edge」が最高傑作とよく言われています。
この差は逆に当時の英語圏の軽音楽の知的文化水準の高さ(逆に国内の低さ)を表したものと、私は常々考えています。

その「Tales from Topographic Oceans」は「海洋地形学の物語」と邦訳されています。
恐縮ですが、70年代の洋楽関係者の知的水準の低さを顕著に表している例と言えましょう。
「Topographic」が「Oceans」にかかるのです。前が形容詞で後ろが名詞です。そんなこと、中学生でも分かりますね。
「幾何学的な海からのお話」と訳するところでしょう。歌詞の世界もそのニュアンスです。
何なんだ。「海洋地形学」って。訳に詰まって勝手に学問を捏造するなって....(^^;)。

PinkFloydの「Eclipse」を「狂気日蝕」などと訳した当時の洋楽関連者の知的水準と同一です。
(そもそもアルバム名「The Dark Side Of The Moon」が「狂気」ですしね。「月」→「Lunatic」→「気のふれた」的な安易な連想とこけおどしでしょうか。)
この時代、ロックはこけおどしではなく、「知的反抗」が精神の主軸にありました。(当時の洋画同様、ベトナム戦争反対運動などへの反体制運動への敗北の虚無感など、いろいろな社会背景を反映したものでもあったのです。)
60年代にいくら騒音上げて「気に入らないものはぶっ飛ばせ」とアップボルテージ一辺倒で反抗を表現しようとも、上の世代から「所詮子供の戯言。技術も精神もジャズやクラシックに比肩するものではない。」と鼻で笑われたような扱いに留まった最大反撃が、「知的にも上の世代を鼻で笑える」ことだったのでしょう。技術的にも水準が上がり、表現する内容も逆に「ジャズやクラシックの悪趣味を笑う」かのような「高邁で前人未到の概念を謳う」みたいなところを非常にこだわった世界があったのでした。

邦訳を見る限り、その空気を当時の国内の洋楽関係者やリスナーは全く理解同調していませんね。
まあ仕方がないです。そんな国ですから(^^;)。国内ではその難解な洋楽の傾向についていかなかった層が「四畳半フォーク」に流れて行きました。
今も覚えていますが、オリコン・チャートの10位にPinkFloydの「Atom Heart Mother(原子心母)」があって、9位に浅田○代子が来るような、そんな当時の世相でしたから(^^;)。まあ種々雑多聞かれるのは、今みたいな「好みまで右倣え右」時代よりまだましかもしれませんが。

今も「プログレッシブロック」を語るとき、上記の視線が欠け過ぎている、とよく感じることがあります。
音楽作品は絵画や映画、小説同様、精神を表現したものですから、その精神を抜きに技術がどうとか語っても何か「産湯を捨てるために赤子まで流した」論議に感じてしまいます。
勿論、当時から現在に至るまで、国内の音楽にその精神性を感じたことは全くありません。

YESといえば80年代初頭のTVK(TV神奈川)製作の似非「MTV japan」(今はケーブルTVなどで海外版、国内版のMTVが観れますね)のVJをやっておられたセーラ・ロウエルさん、番組オンエア中に「My Fabolite Bandはなんてったって、YES!」...カッコよかったです。
トップモデルからVJの先駆けとなった才色兼備な当時の憧れの存在が、高尚で難攻不落な概念を含む作品が多数あるYESを最もお気に入りとは....。バイリンガルでしたので、勿論、歌詞は原語のまま鑑賞されてのことでしょう。ネイティブのアーティストからも「何を言いたいのか結局分からなかった」と言われがちな、Jon Andersonの歌詞をダイレクトに味わっての....カッコよすぎます。そんな女性、唯一無二でもう現れないでしょうね....あ、現れても特にご縁ができる訳でないし....(ここで脱線終了^^;)。


スポンサーサイト

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

  1. 2009/05/02(土) |
  2. 創作関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<創作・作品評スレッド① | ホーム | 某SNSの某音楽コミュニティで。>>

コメント

Yes と 土星

亀田さん

 こんばんは。
 ご無沙汰しておりました。

 Yesの「Tales from Topographic Oceans」、 
聞いたことがなかったのでCD店に行きました。
 残念ながら品切れのためまだ聞いていません。
 私も何十年か前まではブリティッシュロックをよく
 聞いていましたので、「Close To The Edge」
 は持っています。PinkFloydも聞いてました。
 (今はリラックスするためにボサノヴァやイージーリ
 スニングばかり聞いていますが...)
 このアルバム必ず聞きますので、このコメントは
 再度させてください。

 C8の土星、素晴らしい出来です。ここのところ
 こちらの天候は安定せず、よい画像が撮れませ
 ん。とてもうらやましく見入ってしまいました。
 私のNexstar8iは、架台からはずしたものの元
 に戻せない状態です。架台の改造はかなり厄介
 なようです。うまくいきましたらまた報告します。 
  1. 2009/05/04(月) 22:24:19 |
  2. URL |
  3. ichiyasu
  4. [ 編集 ]

ichiyasuさん

ichiyasuさん

>  Yesの「Tales from Topographic Oceans」、 
> 聞いたことがなかったのでCD店に行きました。

うわ。ありがとうございます(^^;)。
音楽の記事にコメントをいただけるとは思っていませんでしたので嬉しく思います。

英国製アートロック(今や何がプログレッシブか、という感じですから。アートと称するにも異論を良く聞きます)をお聴きになっていたのですか。
何でも記事に書いて見るものですねえ。嬉しく思います。

>  (今はリラックスするためにボサノヴァやイージーリ
>  スニングばかり聞いていますが...)

息を詰めて最後まで味わい切る音楽と、空間を幸せに埋めてくれる音楽は違うものですよね。
勿論、その両方が音楽です。
ボサノヴァを流すのはお洒落な感じですよね。
そういえば私の部屋にはBGMを流す習慣がないです。あったほうがいいと思うのですが、根を詰めて作業をする趣味や作業が多いためか、BGMが邪魔になることが多かったのかもしれません。自分の部屋でも休まる暇がないのか、って感じですね(^^;)。損な性格です。

>  このアルバム必ず聞きますので、このコメントは
>  再度させてください。

は、はい。歓迎致します(^^)。感激です(^^)。
紙ジャケット版CDにボーナストラックが2曲ついています。それが一番ご理解にはよろしいかと思います。
イントロもLP版とは異なっています。恐らくボーナストラックの1曲目の練習版冒頭にLP版にはないイントロがついていたのに併せて、LP版ではカットされていたイントロが復活したのでしょう。(LP版では無伴奏ボーカルが無音から声明のように入ってきます。)

私はこの作品は、他の全作品(「The Ladder」を含む以降の時代は、ライブで昔の栄光を演奏するための単なる懐メロバンドみたいなもので、YESとは認知していません)を聞き飽きるまで、なじめませんでした。他に聞くものがなくなってしまい、何度か第1曲目の「あまりに予定調和な構成」になじめず放置していたLPからカセットに起こしたものを聞きました。4枚組「Yes Years」の中に第4曲「Ritual」が入っていて、それまでその曲になるとMDをスキップさせるほど「聞かず嫌い」だったのですが、バスの乗り降りか何かのタイミングでその操作ができなかった時があって「あれ?これ何?.....う、うおー。」みたいな体験をしたのが、ようやくおよそ2年前です。
それから昔のカセットを聞き、#4→#1(やっぱり違和感あり)→#2→#3と徐々に慣れていきました。
(この「慣れていく」→「それなしには生きられないほどなじむ」の過程は、私の場合、中高生時代の近代現代音楽趣味時代からずっとお決まりでした。その結果、「その作品に触れる前と後で、違った人生の水準に居る」体験となるのでした。これは音楽だけでなく映画などもそうです。)
ようやく全体がなじんで来た頃に、紙ジャケット版CDが発売され、その#1のボーナストラックで、その長年の違和感が実は正解だったことを実感して、一気に全体の親近感が上がったのでした。そのあたりは記事に書いた通りです。

なので、最初の印象は良くないかもしれません。4曲で80分近くありますので、なかなか万人にお勧めとはいきません。何度もトライ頂くと(って私はYESの回し者ではないですが)、これが一般に最高峰と称される「Close To The Edge」の何倍も深く重い作品であることがお分かりになるかもしれません。「Close To The Edge」タイトル曲の最後の歌詞でも何度も泣かされたものです。既にその時、社会人になっていました。

勿論、一発でご理解、それもアリだと思いますよ(^^)。私は20年以上まわり道が必要でした。
今は朝か帰りの通勤では必ずどの部分かを聞いています。特に#2が多いです。
毎日がとても辛かった時期にちょうど符合しますので、それを聞きながらバスや電車内でウルウル(油断すれば号泣)に至りそうなのを、何とか制御しつつ、それでも聞くのを止められない、みたいな中毒症状が長期間続きました。

最近は流石に聞きなれてしまい、完全に飽きてしまう前に聞く頻度を下げるために、これまた今まで「聞かず嫌い」(こっちは理由は特になし)だった、EL&P「Tarkus」を買い、聞き始めて半年くらいです。
これがまた....もう今まで何故聞かなかったのか。最初のボーカル部の歌詞に泣かされます。
いくら精進しても、満足な成果に至らない毎日を送る私の今に、世の中に今、腐るほどある「はげまし系・癒し系の歌詞」の真逆の内容が心に突き刺さる想いで居ます。鼻の頭を赤くしてグズグズ言いながら、梅田から堂島の徒歩25分弱を、そのタイトル曲を聴きながら歩く毎日が続いています。今年は世間周囲でも花粉症が酷く、マスクをしている人が多いので、私も半分はその理由で、もう半分は赤い鼻を隠して職場に現れるために、ずっと連休前までマスクを常用していました。

音楽関係のスレッドを用意しましょうかね。「創作関連スレッド」か何か用意してありましたっけ(おいおい)。
ないですね。ではこの後、「創作・作品評スレッド」を用意します。

>  C8の土星、素晴らしい出来です。

ありがとうございます。ようやくしっかりと満足の水準を1度は残せましたので安心しています。
今年の火星もこれで狙えそうです。

>  私のNexstar8iは、架台からはずしたものの元
>  に戻せない状態です。

現行モデルは着脱が容易になったのですよね。昔のはネジの外しだけでも結構難しいのでした。
私も架台にはいろいろ泣かされて来ましたので、何度か汎用架台に載せ換えを考えましたが、まず資金がない(^^;)のと、最近は電源装置の追加で制御が安定し、存外2000mm直焦点での追尾精度も良質のものなのだ、と認識に至れましたので、写野回転など他の欠点には目をつぶって、このまあ当面は行くつもりでおります。
ぜひまたこの点のレポートもお願いしますね。

  1. 2009/05/04(月) 23:41:52 |
  2. URL |
  3. 亀田 滋
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sigkam.blog105.fc2.com/tb.php/80-bdd149c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

亀田 滋

Author:亀田 滋
1996年にプロトタイプ公開で始まった「亀田 滋のホームページ」でご好評の「25cm口径反射望遠鏡『銀次』の部屋」(2008/10現在HP全体で12万5000超アクセス)と、掲示板のコーナー1、2(2008/10現在通算26万超アクセス)の続きはこちらで!

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

旅先などでの味わい (19)
天文・天体画像 (67)
ブログ運用 (4)
投稿スレッド (7)
はじめに:ブログ開設ご挨拶 (1)
限定公開 (2)
徒然 (23)
重要告知 (4)
創作関連 (4)
観光 (5)
技術情報 (9)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。