25cm口径反射望遠鏡「銀次の部屋」IV 兼 亀田 滋のHP:掲示板のコーナー3

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

大阪駅前第3ビルの「踊るうどん」に行きました。

この日、営業課長Y氏、営業Kさんのナイスガイ両氏から、急遽、昼食のお誘いがあり、ついて行きました。
私が「めりけんや」の記事(2008/10/25)を書いたのを2人が読んで、実際に試してくれまして、それ以来、時折、職場の近くで、お勧め候補のうどん屋を誰かが見つけると、集合がかかります(^^)。

この日は、大阪第3ビル地下2Fの「踊るうどん」をY氏の紹介で試してみることになりました。

       20090410a 20090410b

店のお勧めは「肉まいたけ天温玉生じょうゆ」でしたが、私は麺の出来を確認したいので、「温玉生じょうゆ」にしました。
「生じょうゆ」だけにしたほうが、麺の旨さははっきりしますが、温玉の誘惑には勝てませんでした(^^)。

       20090410c

非常においしかったです。ただ、あえて言うなら、印象は「変わったうどん」という感じです。
とても柔らかく、コシもある、うどんの理想を行く感じがあるのですが、歯切れが独特です。
私は上の前歯がサイボーグ(^^;)でして、なかなかその弾力で噛み切れないのでした。
私が理想と考えるうどんは、柔らかいのに、コシが驚くほどあり、なおかつ歯切れはあっさり(ある程度の破断圧力までは弾力で頑張るが、それ以上で素直に切れる)が全部揃っていて欲しいのでした。この麺は破断直前に、妙に伸びる感じなのです。
包丁で切ったエッジも非常に美しく、その歯切れの独特さがなければ満点だったかなあと思います。

しかし、特に「本場讃岐」とか「大阪うどん」とかをうたっている品ではないので、その独特な麺は、かなりの値打ちとも言えました。
きっと本場の讃岐とかにこだわらない(または未体験)かたには、極上のうどんのようにお感じになるのではないかと思えます。
その意味で、お試しの価値は充分アリです。「伊勢うどん」などと同様、独特の麺を知ることは、私にとって1つの喜びでもあります。
ただ、私の前歯にはちょっと厳しかったです(^^;)。特にお昼どきに待ち行列の視線を感じつつ慌しく食べるには、ちょっとしんどい食感だったかもしれません。ゆっくりじっくり頂きたいものです。

ちなみにメニューです。価格なりの味わいと価値はありましたよ。

       20090410d

ただ「かまたま」はあるのに、その前提というか基本定番とも言える「釜あげ」はメニューに無い、という点が妙に気にかかり、厨房の詳細を見たかったのですが、洗い場しか見えません。なので、どういう工程で作られているのかも分かりませんでした。

思うに、この麺は、餅で言えば、(「サトウの切り餅」のような)「工場の機械練り」の切り餅みたいな印象があります。滑らかでとても均質感もあり、求める理想に近い感じがあるのですが、近所の餅屋で頼んだ手打ちの餅とは全く違ったものと区別した上で、それもとても美味しいと言えることに、どこか似ている感じがするのでした。

後でネットで調べると、有名なチェーン店のようです。大阪守口が中心の麺文化のようで、全く私はノーチェックでした。

http://emunoranchi.blog65.fc2.com/blog-entry-1205.html  

あの独特さが麺通にも非常に好評のお店のようですね。
一時期有名(?)になった「リズミックボクシング」の向かいにあります。一度お試しをお勧めします。

http://r.tabelog.com/osaka/A2707/A270701/27004023/

この評の中には「恐るべし大阪うどん」なる記述がありますが、これは「大阪うどん」ではないと思います。「大阪にも高水準のうどんアリ」という意味なのでしょう。「大阪うどん」は「客を待たせず茹で置きにかけつゆぶっかけてさっと出すのが基本」みたいな、もっと雑でラフな、でもそれがおいしい食べ物です。
勿論、「大阪うどん」にも手打ちなど丹精込めたものもありますが、それらは幾分讃岐文化の影響も入っていると考えますし、代表的な大衆食としての「大阪うどん」のイメージからは少し離れています。

以下のサイトによれば「完全禁煙」とありますね。広くない店舗ですから、味にこだわる店なら、これは重要なことですね。この点、感心しました。

http://www.kinen-style.com/gourmet/12802.html

後日、焼き鳥屋のチェーン店で、20-30歳代の女性客が1人で、タバコをチェーンスモークしながら、豚足(その店舗独自にあるメニューのようでした)にかぶりついているのを、煙たく見ていましたが、その時にそのことを思い出しました。まあ焼き鳥屋なので、周囲は少なからず煙だらけですから、うどん屋とは事情は違いますけどね...。しかし、チェーンスモークに豚足かぶりつき....「おやじギャル」も死語になって久しく、その堂々ぶりは、今やオヤジ以上の印象です。(本段落は脱線ご容赦....。というか何が本線なんだか......^^;)


スポンサーサイト

テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ

  1. 2009/04/11(土) |
  2. 旅先などでの味わい
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<超絶!復活E5000と銀次での月面画像(1)。 | ホーム | ご当地限定のタイアップ広告(^^)?>>

コメント

舞茸

以前、「踊るうどん」って、うどんに特徴があるのかなあとHPを見ていたのですが、
よくわかりませんでした。
メニューを見て、なるほど! メニューは舞茸入りのうどんが殆どでした。

今日は昼時に梅田を通りましたので大阪駅前第3ビルの「うどん棒」(本店:高松)へ行きました。
亀田さんもきっと既に行ってらっしゃるでしょう。
うどんの1本がやけに長いなあと思って、箸で真ん中くらいをつまんで、
持ち上げたら片方が50cm近く=1本1m近くあったでしょうか。
20年ちょっと前、四国出張が多く讃岐うどんを食べた時は意識せず食べてましたので
こんなに長かったかなあと考えながら食べてました。
生じょうゆうどん450円と穴子入りいなり寿司を食べました。
いなりは穴子入りとはいえ2個で300円とは高いでしょう。
うどんは納得のいく食感でした。
  1. 2009/04/13(月) 20:12:40 |
  2. URL |
  3. KEN
  4. [ 編集 ]

KENさん

KENさん

> メニューを見て、なるほど! メニューは舞茸入りのうどんが殆どでした。

そうですね。そのメニューの中で「温玉生じょうゆ」を頼む私も相当の頑固者ですな(^^)。
麺そのものの質を見たいというのが大きかったのですが、今考えるとお勧めのトッピングを全部そろえて、あの独特の麺の食感もアリなのかも、と思い始めています。
麺だけだと、もっちり伸びすぎで、サクサクしたトッピングを合わせるとなかなかのものになる感じを想像しています。

逆に言えば、トッピングより麺そのものに強烈な個性があって人気なのかもしれません。ただ個性も標準からあまり離れてしまうと、「よいもの」を食べている感じは薄れます。スパゲティのような押し出し整形麺を使っていると思われる太鼓亭の麺だって、個性は強いですが、うどんとして期待する標準イメージから少し離れすぎなので、「これはこれ。独自の食べ物として、アウトではない。」という感じになってしまうのです。モノの質は全然違いますが、事情としては似ています。

> 亀田さんもきっと既に行ってらっしゃるでしょう。

いやいやまだなんですよ。実は営業課長Y氏が、以降、試したい店が2軒あると。そのうちの1軒です。

> うどんの1本がやけに長いなあと思って、

ああそれで「棒」なんですかね。讃岐は全部長いという訳ではないですが、たまにそれを
ウリにしている店も確かにありますよね。店名は忘れましたが、高松のどこかで体験しました。

> いなりは穴子入りとはいえ2個で300円とは高いでしょう。

コンビニのおにぎりは1つ100円ちょっとしますから、大きさと中身によりけりですね。
でもいなりがサイドメニューにあるのは、もうどっぷり讃岐な雰囲気ですね。

> うどんは納得のいく食感でした。

そうですか。情報ありがとうございます。
これは楽しみです。Y氏の号令があれば、近々行くと思います。

  1. 2009/04/13(月) 21:40:29 |
  2. URL |
  3. 亀田 滋
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sigkam.blog105.fc2.com/tb.php/70-9c232660
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

亀田 滋

Author:亀田 滋
1996年にプロトタイプ公開で始まった「亀田 滋のホームページ」でご好評の「25cm口径反射望遠鏡『銀次』の部屋」(2008/10現在HP全体で12万5000超アクセス)と、掲示板のコーナー1、2(2008/10現在通算26万超アクセス)の続きはこちらで!

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

旅先などでの味わい (19)
天文・天体画像 (67)
ブログ運用 (4)
投稿スレッド (7)
はじめに:ブログ開設ご挨拶 (1)
限定公開 (2)
徒然 (23)
重要告知 (4)
創作関連 (4)
観光 (5)
技術情報 (9)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。