FC2ブログ

25cm口径反射望遠鏡「銀次の部屋」IV 兼 亀田 滋のHP:掲示板のコーナー3

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

天体画像投稿スレッド①

カテゴリのところに「投稿スレッド」というものを設け、そこから「天体画像スレッド」「一般画像スレッド」「旅先の味わいスレッド」「カメラ・技術情報スレッド」「その他スレッド」というものを用意しておきますと、コメントで何か情報提供していただきやすいですか?
昨夜の「名古屋出張報告」の後にコメントでこれから全く別の「旅先の味わい」話題が連なるのも、ちょっとへんかと思いましたので、一度そういう形にしてみます。
新しい私の記事が追加となりましたら、スレッドそのものは2ページめ以降に遷移してしまいますが、常にカテゴリ欄からはアクセスできると思いますので、ご利用をご検討下さい。
宜しくお願いします。>各位様(これはパスワード運用と関係ありませんのでROMの方からの書き込みも旧来通り歓迎しております。)




スポンサーサイト
  1. 2008/10/05(日) |
  2. 投稿スレッド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<一般画像スレッド① | ホーム | コメント参照モードからの復帰について>>

コメント

プラトー内クレーター

ここに書き込んでよかったのでしょうか?
ま、とりあえず。
今晩は、プラトー内の小クレーターに再度挑戦しました。
今年の3月に初めてへこみらしく写せましたが今回も何とかへこんでました。
(SE200N ToUamProII 1/25 60sec. 25fps. 2400frs.Stack)
http://www.geocities.jp/astrokn/keiji/081009_plato_mono.jpg
  1. 2008/10/09(木) 23:48:04 |
  2. URL |
  3. KEN
  4. [ 編集 ]

KENさん

KENさん

> ここに書き込んでよかったのでしょうか?

はい。正解です。運用ありがとうございます。

> 今年の3月に初めてへこみらしく写せましたが今回も何とかへこんでました。

これは凄い画像です。
小クレータと思しき光点がいくつあるかいくつは錯覚かなどという次元ではなく、極めて平面なPlatoの中に確実に疑うことなき5つの小クレータが実質感も伴って存在しますね。
素晴らしいです。掲載ありがとうございます。

今夜は遅い職務終了の後、宿までの路で月を見ました。都会の喧騒の中で空に月があることを意識する人がどれだけ居るのかなと思いながら、とにかく私は見ました。
手持ち望遠で撮ったとしてもその感じは出ませんね。宿にチェックインする道中だったので、撮影の手間隙はかけませんでした。


  1. 2008/10/10(金) 00:10:46 |
  2. URL |
  3. 亀田 滋
  4. [ 編集 ]

ISS

以前は上弦の月が見えていたらムラムラと撮影していたのですが亀田さんの影響で月齢10頃に変わりました。
さて、今夕は昨晩の予報時と軌道が変わったのでしょう、ISSの△が◎と変わって近畿から大変見やすくなりました。
うちの数百坪の庭で待機して45EDIIでのお気楽撮影をしましたが、
なぜか太陽電池部分が写りませんでした。
http://www.geocities.jp/astrokn/keiji/trim-2.jpg
ホットシュー双眼鏡が大活躍でした。こういう時にばっちり使えます。
  1. 2008/10/11(土) 21:11:07 |
  2. URL |
  3. KEN
  4. [ 編集 ]

KENさん

KENさん

> 以前は上弦の月が見えていたらムラムラと撮影していたのですが亀田さんの影響で月齢10頃に変わりました。

わはは。影響ですか(^^)。恐縮です。うちのベランダからは上限の月は見えないことが多いのです(^^)。
ようやく夕方薄明も終わりつつの時間帯に、丁度いい位置に昇ってきてくれるのが、月齢10あたりからなんですよ。
上弦の月は美しいですね。それに至るまでの細い月も好きです。が、銀次では撮れません。C8も屋上展開した時だけです。ミニボーグなら玄関廊下側でもそれほどご近所の迷惑にはならないでしょうが、何せ夕暮れどきなので、通行量も少なくないですからね。

で、今夕は私も撮影しましたよ。夕飯前にテストで撮ったものだけで、夕飯後には月がベランダの屋根の向こうに消えていました。
パスタソース作成係を受け持っていたので、食べるのと併せて随分時間を空けてしまったのが失敗でした(^^;)。成果は後処理が終わったらこの週末内には公開します。

> うちの数百坪の庭で

(^^)(^^)(^^)。

> なぜか太陽電池部分が写りませんでした。

えっと、画像はISSではなく、撮影機材のほうですね?
ISS画像もお願いしたいところですが....(^^)。
あ、そうではないのか....鏡筒の前にある物体がISS?組写真なんですね?これ。
見ているPCの階調が悪いのか....iBookで見てみます。
あー分かりました(^^)/。ISS画像は周囲だけ小さくトリミングしたものを、望遠鏡全景の前に配置なさったのでした。
最初、Windowsモバイル機で見たら、組写真かどうかも分かりませんでしたよ。

でも移動する対象をこの機材で追いかけて撮影ができた、ということなんですね。それって凄いことではないですか(^^)??



  1. 2008/10/11(土) 22:14:52 |
  2. URL |
  3. 亀田 滋
  4. [ 編集 ]

ここ数日大変お天気が良いですね。
今晩は少し星の見え具合が悪いようですが月は綺麗に見えています。
おそらく、しばらくして私は望遠鏡を出すと思いますが。
亀田さんは昨日名古屋泊で今日はご帰宅でしょうか。
明日がお休みならば夜更かしされる価値もあろうかと。
  1. 2008/10/17(金) 23:02:22 |
  2. URL |
  3. KEN
  4. [ 編集 ]

KENさん

KENさん

> 亀田さんは昨日名古屋泊で今日はご帰宅でしょうか。

はい。戻っております(^^)。

木星を撮るには既に遅く、月が高く上って綺麗でしたので、
温度順応もそこそこに、先ほど銀次をベランダに出して月を撮りました。
UR-E6をビニルテープで貼り付けての撮影をまず行いました。
いつもの汎用アダプタでも撮影しましたが、どちらもぴりっとしません。
まあ汎用アダプタは、いくらでも光軸をずらせることができてしまうので
現場での調整は一層大変です。
今夜は撮影まで。後処理は週末行います。
銀次+E5000で撮った最高傑作に、最近全然届かないなあという、もどかしさを
漠然と感じています。

銀次+E5000での月面全景の最高傑作:2006/12/06撮影分を2006/12/16に再処理したもの。

http://sigkam.hp.infoseek.co.jp/html/ginji_47.htm


  1. 2008/10/18(土) 01:40:45 |
  2. URL |
  3. 亀田 滋
  4. [ 編集 ]

出撃されましたか。私も夜中に起きて撮影しました。
SE200Nの筒キャップをつけて「D=52mm fl=1000mm F19.2」の望遠鏡としてテレコンで1400mmにしました。
EOSkissDNではシャッターブレがありうまくいきませんでしたがX2ならと思い実験しました。
52mmでもなかなかよく写るようです。
http://8911.teacup.com/astrokn/bbs
  1. 2008/10/18(土) 10:05:12 |
  2. URL |
  3. KEN
  4. [ 編集 ]

KENさん

KENさん

> SE200Nの筒キャップをつけて「D=52mm fl=1000mm F19.2」の望遠鏡としてテレコンで1400mmにしました。

拝見しました。
無遮蔽反射望遠鏡となる訳ですね。
漠然と今まで通常状態よりもっと遮蔽があることになるのかと思っていましたが、口径絞りが主鏡の中心軸から外れたところにあるために、口径から入った光束は斜鏡の回折は受けずに主鏡に届き、初めて斜鏡で反射されて接眼鏡に届く訳ですから、確かにその通りですね。

わずかに主鏡光軸の斜めから入ってくる光束を扱うことになるので、光束から見れば、若干斜めに主鏡は設置され、斜鏡の影響を全く受けない(斜鏡保持器具も、口径絞りの位置を工夫することで避けられそうです)私が従来から興味を持っている「シーフシュピーグラー(傾斜配置鏡式とでも言うのですか)」そのものと言えそうです。

で、それが52mm口径(絞り口径がそういうことですね)で、この解像感、ということですか。テレコンで焦点距離を延長されたことで、主鏡に対して、斜めから光束が入り込むことによる収差は、さらに軽減されて、像の改善につながったのかもしれませんね。

ミニボーグ45EDの高解像感も従来から何度も話題になっていましたが、逆に反射望遠鏡の斜鏡による回折や遮蔽そのものの解像感低下は、月のような大きな対象に対しては、想像以上にあるのかもしれません。実は昨夜の撮影でもそれに思い当たる現象を得ています。公開時にコメントしてみたいと思っています。

笠井さんのシーフシュピーグラー、中口径でも超高級屈折相当の高解像感がある、というのは、このあたりからも容易に想像できそうです。

> EOSkissDNではシャッターブレがありうまくいきませんでしたがX2ならと思い実験しました。

ライブビュー機能で、シャッター開放時に振動ショックがないからですね。
なかなかよろしいではないですかー。
画像とノウハウ公開、ありがとうございます。

今夜もよい天気ですね。木星模様の位相は残念ながら、いまいちそうです。
今夜は遅い月面出現にミニボーグの出番も悪くなさそうです。


  1. 2008/10/18(土) 19:18:07 |
  2. URL |
  3. 亀田 滋
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sigkam.blog105.fc2.com/tb.php/7-f63dd1fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

亀田 滋

Author:亀田 滋
1996年にプロトタイプ公開で始まった「亀田 滋のホームページ」でご好評の「25cm口径反射望遠鏡『銀次』の部屋」(2008/10現在HP全体で12万5000超アクセス)と、掲示板のコーナー1、2(2008/10現在通算26万超アクセス)の続きはこちらで!

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

旅先などでの味わい (19)
天文・天体画像 (67)
ブログ運用 (4)
投稿スレッド (7)
はじめに:ブログ開設ご挨拶 (1)
限定公開 (2)
徒然 (23)
重要告知 (4)
創作関連 (4)
観光 (5)
技術情報 (9)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。