FC2ブログ

25cm口径反射望遠鏡「銀次の部屋」IV 兼 亀田 滋のHP:掲示板のコーナー3

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

F31fdとミニボーグでのお気軽月面撮影...しかし。

前日(2009/02/08)、屋上で言うことを聞いてくれないNexStar架台に手を焼きつつ、粘り勝ちで満足の土星像を得た夜、月は天頂付近にあり、片持ち経緯台方式のNexStar架台では、カメラ一式が架台に当たってしまうので撮影ができませんでした。
次の夜(2009/02/09)、ベランダでスカイパトロールII赤道儀架台に載せたミニボーグ45EDとF31fdで、短時間のお気軽月面撮影となりました。

が、短時間は予定でしたが、結果的にはそうなりませんでした(またかよ...^^;)。

スカイパトロールII架台は電池駆動で、家族の部屋からACを調達する必要もなく、非常にいつも安定して動きます。ベランダからは北極星が見えませんので、星野追尾撮影のような厳密な設置はできませんが、月面の静止画や惑星の動画データ撮影程度なら充分実用になります。
ミニボーグ45EDは、小口径なので、温度順応時間もなく、設置即、最高性能で撮影を開始できます。

F31fdだけがよくありません。汎用接続アダプタが完全垂直並行をキープできていない印象もありますが、撮像の合焦面が不均一に思えたり、眼視での合焦出しを入念に行っても、画像の合焦感はぴりっとしません。
ハズレが多いというより、正確にムラなくハズレ位置にフォーカスする印象です。
今回、マクロモードも使ってみました。大抵のコンデジでは、マクロモードのほうが近接から無限遠まで時間をかけてスイープする動作をしますので、それに期待しました。マクロモードを使わないよりは、改善がありましたが、それでも拡大撮影では不満足です。

何度か自室に戻り、PCで合焦感を確認するものの、不満足で、また撮影のやり直しを実施して、また自室に戻り....を何度か繰り返し、結局撮影は夕飯を挟んで長時間になってしまいました。F31fdの液晶モニタはコントラストが非常に高く、撮影直後のズーム拡大確認では、きちんと合焦できているように思えます。それで自室に戻って確認すると全コマ、ハズレのような結果の繰り返しに、非常にがっくり来ます。

まずは全景。いつもより眼視の印象に近い仕上がりにしました。暗い海の部分も光っている印象なのが、眼視の印象に沿ったところです。
こういう仕上がりもお好みの方は多いと思います。

       moon_mb20090209a

同じ画像の、いつもと同じ傾向の仕上げ。昔の定番「ミニコピー」フィルムでの月面撮影の味わいに近い、私のお気に入りの仕上げです。

       moon_mb20090209a2

別の原画像で、もう少し拡大率の大きいものも、何とか満足の範囲に仕上がりました。

       moon_mb20090209b

拡大3枚が不満足です。全景と同じサイズには仕上げられませんでした。原画像において、合焦感が不足していました。小さめの仕上げと、いろいろな後処理でそこそこの水準に仕上げましたが、満足には至りませんでした。

       moon_mb20090209c

       moon_mb20090209d

       moon_mb20090209e

導入当初の、あの目が覚めるほどの鮮鋭感はどうしてしまったのか....。
導入当初のように、ビニルテープやリング部材で、きっちり垂直並行をキープできるようにするべきなのだろうか....。

銀次との組合せで過去最高水準の月面像を得たのはE5000でした。既に過放電で充電池が死んでしまっているのではないかと懸念しますが、E5000の復活も考えたほうが良さそうです。粒状性は流石に2002年の機種ですから超ローノイズを誇るF31fdには負けます。しかし合焦の容易さと階調の豊かさはなかなかのものでした。


スポンサーサイト

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2009/02/11(水) |
  2. 天文・天体画像
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<定電圧電源装置完成。でも外は雨....(^^;)。 | ホーム | 未発表に終わった自作曲にうなされて目覚める朝....。>>

コメント

パッと

全体像は凄くシャープな像ですね!
拡大像は何かずれているような感じです。
45EDですからもっとシャープでも良いと思います。

昨夜は夕飯をお腹一杯食べて転寝してしまいました。
入浴後、25時過ぎに晴れているとわかり、
コンデジでパッと、サッと、月を撮影しました。
思いついて1分の作業で面白いです。
  1. 2009/02/12(木) 19:50:09 |
  2. URL |
  3. KEN
  4. [ 編集 ]

KENさん

KENさん

> 全体像は凄くシャープな像ですね!

ありがとうございます。
そうなんですよ。これで文句言うのはバチが当たるほどの出来だと自分でも思います。

> 拡大像は何かずれているような感じです。

全景と比べると、物凄く不満が残る出来となる訳です。
「銀次の部屋III」登場以来の月面像を見てみたのですが、最初から拡大像とミニボーグの組合せは不可解な像質、合焦のハズレ感があるように、改めて認識しました。最初の頃はあまり意識してなかっただけのようです。
合成焦点距離的に何かF31fdの合焦検出ロジックと合わないものがあるのかもしれません。
その一方、C8を使って動画で惑星を記録するときの最大ズーム撮影では、合焦感で困ったことはありませんでした。

> 45EDですからもっとシャープでも良いと思います。

という訳で、次の機会は拡大像はE5000を復活予定です。
充電器自体が具合がよくなかったのですが、昨夜何度か試行錯誤しているうちに充電池を満充電できましたので、使ってみます。
汎用接続アダプタを使わずに済むこと、オートフォーカスで合焦に苦労したことがなかったことなど、大いに改めて期待したいと思います。

> コンデジでパッと、サッと、月を撮影しました。

掲示板を拝見しましたが画像そのものは公開はされていなかったのでしょうか。
お手軽で写欲は満足、いいですね。

  1. 2009/02/12(木) 22:35:14 |
  2. URL |
  3. 亀田 滋
  4. [ 編集 ]

黄砂の中の月

亀田さん

>掲示板を拝見しましたが画像そのものは公開はされていなかったのでしょうか。

すみません。まだアップしてませんでした。
今日の1時過ぎの月と先ほどの月とあわせて貼付しました。
今晩の月はあまりにも酷いです。
  1. 2009/02/12(木) 23:25:36 |
  2. URL |
  3. KEN
  4. [ 編集 ]

KENさん

KENさん

> 今晩の月はあまりにも酷いです。

拝見しました。凄い違いですね。
透明度が変わって輝度が違ってシャッター速度も落ちた分、解像感も変わってしまったという写真ならではの効果も含まれているのでしょうけど、ここまでの差になりますか。黄砂、やだなー。機材や目や肺を痛めそうです。最近、目がザラザラすると思ったら寒いのにもう花粉やら黄砂やらですか。砂だけじゃあないんですよね。有害重金属とか垂れ流し、飛ばしっぱなしですから。
これが関東圏まで西日本の濃度で届くなら、国際問題になっているでしょう。「うっすら車の上に砂が乗るやつでしょ。目くじら立てるほど大したことない。」とか思われているんでしょうね....。


  1. 2009/02/12(木) 23:35:23 |
  2. URL |
  3. 亀田 滋
  4. [ 編集 ]

明晩の黄砂

気象庁の予測によると、明日の夜、黄砂は大丈夫のようです。
日曜日はずっと黄砂模様です。
さあ、明日の夜は何をしようか考えながら寝ることにします。
  1. 2009/02/13(金) 22:53:25 |
  2. URL |
  3. KEN
  4. [ 編集 ]

KENさん

KENさん

> 気象庁の予測によると、明日の夜、黄砂は大丈夫のようです。

朝から晴れましたね。
風もあり空には結構雲が多層にからんでいる感じですが。
夜、クリアに晴れれば屋上で、とにかくC8を使い倒そうと思っています。
元々万能用途に使える光学系ですからね。久々に大期待しています。

話は全然違いますが、私が月を撮った次の夜(2009/02/09)、部分月食があったのですね。
月曜の天候も覚えていません。「星ナビ.com」も頻繁に見ておかねば....。
特に月初の現象について、見落としがちです。翌月以降の情報も載っているので私の油断でしかないのですが。
もし晴れていたら残念なことをしました。


  1. 2009/02/14(土) 11:31:56 |
  2. URL |
  3. 亀田 滋
  4. [ 編集 ]

曇りでした

9日は部分月食ではなく半影月食でした。
ご心配なく。阪神間は完全に曇りでした。
東の方は晴れたところもあるようです。
アストロアーツの2009年2月9日 半影月食ギャラリーでお楽しみください。
  1. 2009/02/14(土) 16:36:22 |
  2. URL |
  3. KEN
  4. [ 編集 ]

KENさん

KENさん

> 9日は部分月食ではなく半影月食でした。

ああそうそう。それですそれです(ド素人かっ^^;)。

> ご心配なく。阪神間は完全に曇りでした。

そうでしたか。何故月曜の記憶がそんなに薄いのか....(これからそういう頻度も上がる??^^;)。
まあよかったです。よかったのか、悪天で残念だったのか....。情報ありがとうございます。

> アストロアーツの2009年2月9日 半影月食ギャラリーでお楽しみください。

そうなんですよ。それを見て初めて気づき、それから「2月の星空」コーナーを見た、という次第でした。
もっとマメでないといけません。天文に関しても他のことに関しても、最近ちょっとやることが雑だなあと自分で思うことが多いです。

先ほど今夜の顛末を公開しました。公開の価値があまりない結果となりましたので、まあいろいろ無駄な吟味もぜず早い公開がよいだろうと....。
そこでも触れているのですが、直焦点撮影でのピント出しに自信を持てません。これは先日来のF31fdでのコリメート撮影でのピント出しの話とは似て非なるものです。後者はオートフォーカスですしね。

でも、近年、視力が急に落ちたことで、寒風下での作業に根気が弱くなった印象は自分に強く感じてまして、その意味では、やることが雑だという印象とも、F31fd対策とも、どこか自分の深いところでつながって来る感じも否定できません。

  1. 2009/02/15(日) 00:54:36 |
  2. URL |
  3. 亀田 滋
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sigkam.blog105.fc2.com/tb.php/56-a3aa5dcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

亀田 滋

Author:亀田 滋
1996年にプロトタイプ公開で始まった「亀田 滋のホームページ」でご好評の「25cm口径反射望遠鏡『銀次』の部屋」(2008/10現在HP全体で12万5000超アクセス)と、掲示板のコーナー1、2(2008/10現在通算26万超アクセス)の続きはこちらで!

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

旅先などでの味わい (19)
天文・天体画像 (67)
ブログ運用 (4)
投稿スレッド (7)
はじめに:ブログ開設ご挨拶 (1)
限定公開 (2)
徒然 (23)
重要告知 (4)
創作関連 (4)
観光 (5)
技術情報 (9)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。