FC2ブログ

25cm口径反射望遠鏡「銀次の部屋」IV 兼 亀田 滋のHP:掲示板のコーナー3

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

自宅で伊勢うどんを堪能できますよ。

投稿カテゴリが「旅先の味わい」となっていますが、今回は旅先の味わいを自宅で、という感じです。
自宅で伊勢うどんを最近楽しんでます。

前の職場では仕事柄何度か伊勢のほうを訪れたことがありますが、何軒か巡るまで「どこがおいしいんだ?何だか粗末なものをわざわざ食べさせられてる?」としか思えなかった伊勢うどんでしたが、あるお店(探せば画像はどこかに持っていると思いますが)で「おーこういうおいしいものだったんだ(感激)」とようやく実感できる機会があり、それからずっと気になりつつも、今の職務ではなかなか再訪の機会を得ないままになっていました。

ところが最近、なんと最寄り駅JR中山寺駅近くの「ラッキー」(少し高額の食材が豊富なスーパー)で、このパッケージを見つけ試してみましたら、もうそのベストの記憶に近く、何度かリピートしています。

       20090201a 20090201b

大阪ゆでうどんとも讃岐うどんとも全く違う食感の食べ物です。同じように作ろうとしたら、まず切れ切れになってしまい失敗します。
作っている最中、麺を触ってはいけないのです。それ以外は非常に手間なくおいしく作れます。

通販もあるようです。これをお読みの方には、JR中山寺駅こそ遠いと思いますので、通販でお試しください。
常温保存で結構日持ちもしますので、休日の昼食などに重宝しますよ。

http://www.itomen.co.jp/

コツは1人分ずつ作ることです。大きめの鍋にたっぷりお湯をわかし、金ザルを敷いてその上に麺を入れたら3分、触らずに置きます。
同時に添付のタレを暖めておくとよいでしょう(画像奥)。

       20090201c

3分近くになると勝手に麺がお湯の中で泳ぎだします。3分で湯きりをしてそのまま丼にあけます。

       20090201d

つやつやとした、鍋煮込み用うどんよりもっと太めのうどんができます。非常にお手軽です。

       20090201e

あとはタレ(パッケージによってノーマルの醤油と味噌の2つの味があります)をかけて終わりです。
うどんの原点のような、団子のような、ソフトながらしっかりと弾力もある独特の食感が味わえます。
タレはお好みで半分から2/3くらいでも良いかもしれません。

       20090201f

「炭水化物の塊ばかりじゃ、これだけの量を食べられないかも....」と思われる方には、普通のぶっかけうどんの要領で、天かすやおろし大根などもいいでしょう。本場では卵の黄身を落としたりもします。

       20090201g

こういう珍しいもの(伊勢地方のかたは「これがうどんの王道じゃないか」と思われるかもしれません。立場変われば確かにそうだと思います。)を食べるときに、既に知っている自分の地方の食べ物と比較したり優劣をつけようとする方が(特に我々大阪人には)居ますが、それは違ってると思います。
だって元々違う食べ物なのですから。広島焼き、お好み焼き、もんじゃ焼きを比較する人居ますよね。それは楽しくありません。「何このぶよぶよのうどんは?いつもの大阪うどんがおいしい。」とか言う人にはお勧めしません。(ちなみに広島の方は「広島焼き」とは言いません。当たり前ですね。「お好み焼き」です。でも大阪のものとは違うものなんですよね。区別のためにこう書きましたが。)

でも麺通を名乗るなら、伊勢に行かずとも堪能できますので、一度はご賞味されると良いでしょう。「所変われば品変わる」ことを楽しまれる方には、お勧めです。



スポンサーサイト

テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ

  1. 2009/02/01(日) |
  2. 旅先などでの味わい
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14
<<この時期では満足と言える土星の「ド」! | ホーム | 味わいに堪能。宿でバタンキューの夜。>>

コメント

ほうとう

写真付でよくわかります。
こしのないうどんというのはどんな食感が想像するのですが、
これまた食べたことのない「ほうとう」を想像するのです。
亀田さんは「ほうとう」の食経験はおありですか?
  1. 2009/02/02(月) 18:28:10 |
  2. URL |
  3. KEN
  4. [ 編集 ]

KENさん

KENさん

> 亀田さんは「ほうとう」の食経験はおありですか?

はい。ありますよ。まあそれが本物かどうかは分からないですけど。
安価なバスツアーの昼食か夕食の一品に、小さなほうとう鍋などがあって、ああこういうものか、という程度でしたが何度かあります。
確かに「団子のような」と私は表現しましたね。その表現はほうとうが近いですね。
伊勢うどんは、機械練りの餅が汁の中で(白味噌だと境界が分からなくなるので、うどん汁みたいのがいいです)少し溶けかかったときの表面の柔らかさみたいなものがあります。芯までぶよぶよではなく、結構歯ごたえもありますよ。普通考える麺のコシとは違いますが、太いのでそれなりの弾力はあるんですよ。
KENさんはJR中山寺徒歩2分の「ラッキー」が近いかもしれませんですね。通販だと5パック(10人前)とか買わないといけません。それも大変ですよね。

おいしい蕎麦なども一緒なんですが、話題の1つにできるんですよね。仲間内とかお客様との会話において。
毎日贅沢やこだわりは不要ですが、そういうものに対しては時折は自分に奮発しておくと、味を楽しむだけ以上の体験として自分の中に残りますね。
その点、高級食材などの知識だとちょっとイヤミな話題の感じもしますので、麺類というのは、高価なものでもそんなに馬鹿げた値付けのものもないですから、ちょうどいいんですよ(^^)。



  1. 2009/02/02(月) 22:24:26 |
  2. URL |
  3. 亀田 滋
  4. [ 編集 ]

話題

亀田さん こんばんは

>KENさんはJR中山寺徒歩2分の「ラッキー」が近いかもしれませんですね。

ラッキーの系列を調べたら尼崎店もありましたが、僅かに中山寺店の方が近いようです。
通販より買いやすいので行って買ってみたいと思います。

>おいしい蕎麦なども一緒なんですが、話題の1つにできるんですよね。

食の話題は共通ですから良いですね。
しかも手ごろな価格で誰でもOKなものがいいです。

星の話題も皆さん身近なことで共通なのですが、ちょっと学校チックというか
マニアックなので話だけではどうも、、、。
そこでいつも撮影した天体写真を持ち歩いています。
相手が乗ってくれているだけかもしれませんが説明して写真も差し上げたら
結構喜んでくれているような気がするのですが。
  1. 2009/02/03(火) 21:22:48 |
  2. URL |
  3. KEN
  4. [ 編集 ]

KENさん

KENさん

> 通販より買いやすいので行って買ってみたいと思います。

ぜひお試し下さい。
私は「うどんは讃岐。絶対他はありえない。」と思い切っていた時期にこれを知って、何と狭い了見だったかと思いました。
ところ変わって品が変わってもそれは変化であって劣化ではないんですよね。当たり前ですが。
そういう味を通して知識の地平が広がる瞬間って味覚だけでなく、頭の芯でもおいしいと思う訳です。
その味を知るまでと知ってからは明らかに違う認識感の自分に変わっているのですから。それは良い絵画や音楽や映画、小説などに触れた前後の自分が変わっているのと、質的に同じですね。

麺の話題は多くの人が麺を嫌いじゃないので、いいですよね。
「最高級フォアグラに最も合うヴィンテージのワインの話なんだがね」とか切り出されても「味も分からんしその知識、一生使う機会ないのでいいよ」って私など絶対思うと思います(^^)。

> そこでいつも撮影した天体写真を持ち歩いています。

いいですね。うちの周囲では「写真見ても何がいいのか全く理解できないんですよね」と真顔で返してくる人も結構居ます。
「あーこういうのに反応するスイッチが全くない人って居るんだ」と発見させられます。
確かに太古から引き継いだ遺伝子には「星降る夜空」に感動するための情報が組み込まれていたとしても、見知らぬ惑星の肉眼では全く見えない拡大像を見て感動するための情報は含まれて居ないのかもしれません。太古の昔から後者は生存には関係ない情報だったりするというのは理解として容易です。
じゃあその後者に強く感動・反応する我々は何なんでしょうね。太古からのルーツがこの星にない(^^;)?


  1. 2009/02/04(水) 00:26:15 |
  2. URL |
  3. 亀田 滋
  4. [ 編集 ]

土産のうどん

昨日、家人に伊勢うどんの話をしたら三重旅行にいった近所のNさんからもらって食べたといいます。
日記を調べたら、2001年9月にうどんの土産をもらったと記録してましたが伊勢うどんとは書いてなかったです。その頃はまったく意識していなかったからでしょう。
そういえばそんなことがあったかなあ程度の記憶でしたが食していることは間違いないようでした。^o^
  1. 2009/02/14(土) 09:52:32 |
  2. URL |
  3. KEN
  4. [ 編集 ]

KENさん

KENさん

> その頃はまったく意識していなかったからでしょう。

もlしかしたら、地元用の本場中の本場ものだったかもしれませんね。
広島地元で「広島焼き」と言わないように、本場自体で用いられるものに「伊勢うどん」とは書いてないというのも道理です。
「うどんと言えばこれ」という訳ですから。でもそれほど印象なかったですか。不思議ですね(^^)。

香川でも朝、スーパーなどで「朝打ちたてのうどん」というのを、大阪のゆでうどんと同様に手軽に買えますが、それで作る普通のかけうどんは、また違った味わいです。乾麺や生麺で慎重に作るうどんとはまた違う気楽な美味しさがあるので、それに似た事情かもしれません。

日記で過去の食や事象を調査できるのですか。以前お聞きしたような。素晴らしいですね。
その時の記憶が呼び戻せる訳です。その事象だけでなく、その周辺の出来事や空気感などもきっと映像として戻ってくるのでしょうね。
私もホームページがその役割をしてくれている感じです。いずれは1996年以前の情報なども纏めておきたいと思っています。


  1. 2009/02/14(土) 11:26:37 |
  2. URL |
  3. 亀田 滋
  4. [ 編集 ]

DB

亀田さん

>「伊勢うどん」とは書いてないというのも道理です。

書いてないのは商品名ではなく私の日記になのです。
「三重のお土産のうどん」としか記録がありませんでした。

>でもそれほど印象なかったですか。不思議ですね(^^)。

当方の記憶力の問題なのです。^0^
家人に言われて、そうそう変わったうどんを食べたような、、と蘇ってきました。
お互いにはっきり覚えていることと完全に忘れていることとがあって面白いものです。

>日記で過去の食や事象を調査できるのですか。

そうなんですよ。
日記を書くことによって1日が二度楽しめるという感じもあります。
アーモンドチョコレートみたいなもんですか。(1粒で二度美味しい!)
ブログなどもそういう性格がありますね。

検索して目的のこと以外も読んでいたら楽しいものです。
うどんをもらった当日は、テロリスト イスラム過激派12人が日本入国情報、
長女が指定校推薦申請をしたとか書いてありました。

大きな買い物を記録しようと思い立って1990年春から始めました。
現在は6千数百件のデータベースとなっています。
1単語検索と2単語掛け合わせ抽出ボタンを作っています。
19年分は2秒で検索終了します。手書きの日記だとこうはいきませんね。大変便利です。
  1. 2009/02/14(土) 16:29:15 |
  2. URL |
  3. KEN
  4. [ 編集 ]

KENさん

KENさん

> お互いにはっきり覚えていることと完全に忘れていることとがあって面白いものです。

そうですね。それが家族の妙味でもありますね。

> アーモンドチョコレートみたいなもんですか。(1粒で二度美味しい!)

それは「アーモンドグリコ」ですよ(ツッコミ期待の確信犯^^?)。
でもなぜ「アーモンドグリコ」が「1粒で2度美味しい」だったのだろう...今考えれば「アーモンドチョコ」のほうがそのCMコピーに合っている感じがしますね。.CMソングを覚えていますが、「アーモンドグリコ」が「1粒で2度美味しい」でした。

> 検索して目的のこと以外も読んでいたら楽しいものです。

当時何を感じたか、その日の印象はどうだったか、そういうことが蘇るのがいいですね。

> 19年分は2秒で検索終了します。手書きの日記だとこうはいきませんね。大変便利です。

凄い。手書きではないのですね。何と先見の明のある話でしょうか。とても感心しました。

  1. 2009/02/15(日) 00:51:57 |
  2. URL |
  3. 亀田 滋
  4. [ 編集 ]

買って食べました

亀田さん
その後、伊勢うどんのイメージが徐々に蘇ってきました。
1日は三田へ行ったついでに宝塚で左折して中山寺方面へ向かいました。
一筋間違って阪急とJRの間の道を走っていたら右手にビルが見えたので
南下して無事たどり着きました。
上新電機からコーナンで買い物をして、ラッキーへ。
ありましたありました。特別にカゴに入っていました。
ゆがくと透明感のあるうどんですが鉢に入れて冷えると白くなりました。
つるつるで腰がないという不思議なものでした。
以前お土産にいただいたのは、もっと太かったような気がするのですが、
記憶が曖昧です。
  1. 2009/03/02(月) 02:06:35 |
  2. URL |
  3. KEN
  4. [ 編集 ]

KENさん

KENさん

> ありましたありました。特別にカゴに入っていました。

ついにお試しになりましたか(^^)。

> ゆがくと透明感のあるうどんですが鉢に入れて冷えると白くなりました。

はい。何だかきれいですよね。

> つるつるで腰がないという不思議なものでした。

他にない食感、とも言えるでしょう。そこを楽しむのがよいと思います。
讃岐や大阪に比べて同じものとしてどうだ、という観点なら、讃岐や大阪を楽しめばいいですからね。
コシがない、というのも比較で言うなら、という感じです。肉厚なので、それなりに歯ごたえは
あるんですよね。茹ですぎは駄目ですけど。私はあの麺については2分半くらいで上げてます。

昔巡った店では、もっと太いのもありましたよ。でも箸で掬えないんです。
ゆるゆるでノビてしまってました。流石にそれはおいしいとは思いませんでした(^^;)。


  1. 2009/03/02(月) 22:52:12 |
  2. URL |
  3. 亀田 滋
  4. [ 編集 ]

ラッキー

コーナンへ行く時は川西久代店へ行くのですが併設店は上新電機のみです。
中山寺駅前店は上新電機、スーパー併設で便利です。
地図で見ると直線距離では似たようなものです。
帰りは車でも似たような時間でした。
これから結構利用するかもしれません。

当日は、大トロとの表示でしたが大トロと中トロの間でベストな感じくらいのが安くてありましたよ。
  (買いませんでしたけど)
  1. 2009/03/03(火) 22:20:13 |
  2. URL |
  3. KEN
  4. [ 編集 ]

KENさん

KENさん

先ほど帰りました。雨がようやく止みました。日中や夕方のほうが寒かったです。

> これから結構利用するかもしれません。

ラッキーで良い発見があったらぜひお知らせ下さい(^^)。
私は普段は阪急電鉄を使っておりますのでJR側にはなかなかご縁がありません。
ラッキーはどの系列店も同様なのかもしれませんが、店の感じは普通なのに、よく見ると豆腐、湯葉など京料理の素材関係だけでも有名なのとか何種類あるのかって、やたらとこだわりがある品揃えで面白い店ですよ。豆腐など普通のだけでも10種ぐらいはあって、ゴマ豆腐、卵豆腐など入れると20種は余裕で超えてしまうのでは?

> 当日は、大トロとの表示でしたが大トロと中トロの間でベストな感じくらいのが安くてありましたよ。

大トロと中トロの間がベストなんですか?(ド素人です^^;)
モノを見分ける力というのは、ときに災いするというか、結局正しいものを正しい評価できるので災いでも何でもないのですが、私なら表示だけ見て「大トロだぞー。なのに安いねー(^^)」って喜んでそれを買ったかもしれません。で、食べてもそれを疑わないので、それも幸せかもしれませんが(^^)。

  1. 2009/03/03(火) 23:23:18 |
  2. URL |
  3. 亀田 滋
  4. [ 編集 ]

トロ

亀田さん

>やたらとこだわりがある品揃えで面白い店ですよ。

ま、伊勢うどんがあるくらいですから。
バイヤーさんが三重出身だったりして。

>大トロと中トロの間がベストなんですか?(ド素人です^^;)

いや個人的な好みです。
中トロでも赤身に近いものもありますし厳密な区分は難しいでしょう。
博多のマグロ丼発祥の店で注文した大トロは脂脂していて今ひとつでした。
適度に脂がのった中トロがいいです。
ラッキーで販売されていたのは、まさにそんな感じでした。

高級スーパーなのにラッキーっていう名前はふさわしくないような気がします。
パ チ ン コ店みたいです。
昔々の学生時代、ラッキーというパ チ ン コ店の隣に和菓子屋があって、
誰かが、アンラッキーと言っていました。^o^

今日は直帰で17:35には家に着いていました。ラッキー!
  1. 2009/03/04(水) 18:11:34 |
  2. URL |
  3. KEN
  4. [ 編集 ]

KENさん

KENさん

> バイヤーさんが三重出身だったりして。

いいですね。食材のほうから出張して来てくれている感じです。

> 厳密な区分は難しいでしょう。

はあそういうものなんですか(やはりド素人^^;)
もっと高級食材についても通になりたいものです(^^;)。

> 高級スーパーなのにラッキーっていう名前はふさわしくないような気がします。

確かにそうですね。昔、社会人1年生のころ、同じ職場のベテランの方がカバンに書類が入らないときにサブバッグ代わりにきれいな紙袋を出されていたのに、その日は「イカリスーパー」と書いてあって、私が「スーパーの紙袋なんですか(言外に、いつもと路線が違いますね?というニュアンスがあったのでした)?」とその人に聞くと、にこっとされて「ああ、イカリスーパーを知らないんだね?」と言われたことを思い出しましたよ(^^)。
まあ「ラッキー」よりは「スーパー」とは分かるのですが、初めて聞いたときには、高級スーパーというイメージにはつながりませんでした。

> 誰かが、アンラッキーと言っていました。^o^

あはは(^^)。

> 今日は直帰で17:35には家に着いていました。ラッキー!

いいですね。私も今日はラッキー話を1つ。
私はちょうどその頃、職場を定時退社して、そのまま奈良東大寺のお水取りのお松明に間に合いました(^^)。
生で見ておくものですね。よかったです。先ほど帰りました。
週末には記事にします。


  1. 2009/03/05(木) 00:16:35 |
  2. URL |
  3. 亀田 滋
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sigkam.blog105.fc2.com/tb.php/53-193cad1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

亀田 滋

Author:亀田 滋
1996年にプロトタイプ公開で始まった「亀田 滋のホームページ」でご好評の「25cm口径反射望遠鏡『銀次』の部屋」(2008/10現在HP全体で12万5000超アクセス)と、掲示板のコーナー1、2(2008/10現在通算26万超アクセス)の続きはこちらで!

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

旅先などでの味わい (19)
天文・天体画像 (67)
ブログ運用 (4)
投稿スレッド (7)
はじめに:ブログ開設ご挨拶 (1)
限定公開 (2)
徒然 (23)
重要告知 (4)
創作関連 (4)
観光 (5)
技術情報 (9)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。