25cm口径反射望遠鏡「銀次の部屋」IV 兼 亀田 滋のHP:掲示板のコーナー3

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

本ブログのデザインを暫定変更しています。

本ブログのデザインを暫定変更しています。

「亀田 滋のホームページ」旧URLが削除になり、当然、その旧URLサーバに置いて、参照引用していた本ブログタイトル画像も消えてしまいました。
ここ1両日、タイトル画像(私の過去ベストの天体画像集)が表示されないのはおかしいなあと思っていたのですが、ようやくそのことに思い至りました。
当然、ブログのHTML、CSS定義の中のタイトル画像を引用している部分を、ホームページ転居後に置いた場所に記述し直すだけで元通りになる筈です。

.....ところが、ならないんですよー(^^;)。

どうしても背景の色ファイルがタイトル画像の上も塗りつぶしてしまうようで、うまく行きません。なぜ今まではうまく行ってたのだろう....。

デザイン土台となるテンプレート自体を変えて試してみましたが、結果は同じでした。
タイトル画像の形式を変えてみましたが、変わりません。

元のテンプレートは、元々のタイトル画像の定義などを管理していませんでしたので、今回変えてみたテンプレートを標準のまま、当面使うことにしました。(本汎用テンプレートの作者様、公開ありがとうございます。使わせていただきます。)

本ブログ開始当初にタイトル画像について触れた記事があったと思いますので、ちょっと訂正を書けないといけません。
それ以外は、このテンプレートのままでも、案外綺麗でいいかもしれませんね。
記事ごとのサブタイトルも読みやすくなりました。
ブログデザインに私の個性というものはないですが、まあそれはくどい文章本体で、にじみ出ますかね(^^;;)。

以上の事情にて、当面、本ブログのデザインを出来合いのテンプレートで運用します。末尾の広告行なども削除できませんでしたので、そのままにします。どうぞご了承下さい。

追記:今まで使ってきた、本ブログのタイトル画像を添えておきます。今まで私が撮った惑星画像のベスト集となっておりました。

       本ブログ開設時のタイトル背景画像

スポンサーサイト
  1. 2008/12/20(土) |
  2. 重要告知
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<デザインを元のイメージに戻せました。 | ホーム | ミニボーグ45ED直焦点での月....ち、ちっちゃい...(^^;)。>>

コメント

亀田さん、こんばんは。
新鮮で素晴らしいデザインで、これからも楽しみですね。
  1. 2008/12/20(土) 01:08:47 |
  2. URL |
  3. K&R
  4. [ 編集 ]

K&Rさん

K&Rさん

早々のコメントありがとうございます。
画像記事主体のブログなのに、画像やデザインが借り物ばかり、というのが気が引ける訳ですが、まあ華やかでいいかなと思います。
案外このまま行くかもしれません。
いろいろな、低次元のゴタゴタも一段落して、気分一新には丁度いいですね。

さて、月曜早朝のこぐま座流星群はどうでしょう。天気予報はやはりその時は悪くなりそうですが、一時的な天気回復に期待したいものです。


  1. 2008/12/20(土) 11:50:09 |
  2. URL |
  3. 亀田 滋
  4. [ 編集 ]

こんにちは!
ブログのよい所はテンプレートを簡単に変えれる事ですね。
うーん秀丸個人的には惑星画像があった方がインパクトはあると思います。

ところで昨夜は透明度抜群の快晴でしたね。
自宅マンションのバルコニーは南の視界が抜群によいのでカノープスが
はっきり見えましたし望遠鏡&双眼鏡で冬の散開星団、二重星巡りが
楽しめました。
  1. 2008/12/20(土) 12:31:44 |
  2. URL |
  3. 秀丸
  4. [ 編集 ]

秀丸さん

秀丸さん

こんにちは。コメントありがとうございます。

> ブログのよい所はテンプレートを簡単に変えれる事ですね。

はい。そう思いました。機能設定とスキンが完全に分離できているので、デザイン変更に伴って、運用機能が初期化されることがなく、こういう事情に便利ですね。ホームページが下火になって、ブログ全盛な事情が今回よく分かりました。

> うーん秀丸個人的には惑星画像があった方がインパクトはあると思います。

は、はい....。またプレビュー機能を使って試行錯誤して、OKになれば復活したいと思います(^^;)。

> ところで昨夜は透明度抜群の快晴でしたね。

あっ、そうでしたか(おいおい^^;;)。
気温が急激に下がってましたしね。
昨夜は機会がなかったです。ベランダでちょい見ができればいいのですが、できませんので、どうしても出撃は大げさな判断が必要となります。
最近私も撮影しているM天体ですが、一度ベランダで銀次を使ってみたいものです。ここは45mm口径と250mm口径では、眼視での迫力がきっと違うでしょうね。


  1. 2008/12/20(土) 12:45:11 |
  2. URL |
  3. 亀田 滋
  4. [ 編集 ]

真綿色したシクラメンほどすがしいものはない~♪
いやいや、雰囲気が随分と変わりましたね。
今日は家内と下の娘がUSJへ遊びに行きましたので夕食は自分製でした。
スパゲティを茹でてレトルトのカルボナーラソースをかけて
フランクフルトとナスとピーマンの素揚げをトッピングして
簡単なものでしたが、余ったスパゲティに塩胡椒して食べました。
メタボを気にしながら、、、、
  1. 2008/12/21(日) 19:25:37 |
  2. URL |
  3. KEN
  4. [ 編集 ]

KENさん

KENさん

こんばんは。コメントありがとうございます。

> いやいや、雰囲気が随分と変わりましたね。

不本意ながら、出来合いのデザインを間借り中であります(^^)。
が、私の趣味に遠い雰囲気ではありません。(このスキンを私が選択しているのですから、まあ当然なんですが。)
表面上、没個性ではありますが、不条理七転八倒の連続な記事内容の個性を良い意味で和らげてくれているとも期待します。
(内容の個性も、私が何も企図したり希望しての展開ではなく、ただ受身で翻弄されているだけであることも、各位様、ご承知の通りでありますが....。)

> 今日は家内と下の娘がUSJへ遊びに行きましたので夕食は自分製でした。

天気がよくなかったですね。でもその方が行列とか少なくなるでしょうか。
ついでに今夜のこぐま座流星群は、どうやら駄目そうです。
最近、流星群の夜だけ雨というパターンが続いています。

カルボナーラソースは、自分で作っても、それほど手間のかかるものではないですが、自分1人で手早く楽しみたいときには、出来合いのものでも、充分いいものがありますね。カルボナーラに限らず、ソースは最終仕上げだけ少し手を入れるのが、手早くおいしくいただけます。トッピングも自由そうでいいですね。

パスタ麺そのものは、昔はいろいろ試しましたが、今は「コープこうべ」製の1.8mm麺に落ち着いてます。
これが結構あなどれない、弾力と香りと味わいがあります。11分茹でのところを8分30秒くらいで、湯からパンチメタルのザルに移して湯切りして、ボウルの中で一気に大量のエクストラバージンオイル(今はよく「BOSCO」を使います)で和えます。私は最初の一皿は、そのまま頂きます。蒸気に混じって、小麦粉、オイルの香りがたまりません。炊きたてのご飯と同じく、そのものがご馳走です。

自宅で作って食べると、好きなだけ食べられるのがいいです。外食だと家で食べる量の1/3くらいしか一人前で出てきません。
(家で3人前以上食べている、ということだけなんですが....。)

最近、メタボとは無縁の体型になりましたが、貫禄まで、そぎ落ちてしまい、街中の出会い頭などで、若い女性に遠慮なく、鼻っ面を掠めて直進されたり(要するに存在を完全に無いものと見なされて突っ切られる訳です)など、何だか「生き難く」なりました。
やはりオヤジは少しくらい腹が出て、顎の下にも肉厚があるほうが、良い意味で迫力もって生きられるのではないかなあ、と最近思えます。

  1. 2008/12/21(日) 23:12:55 |
  2. URL |
  3. 亀田 滋
  4. [ 編集 ]

メタボ

亀田さん
メタボとは無関係の体型とか、、羨ましいです。
内臓脂肪はイロイロ弊害があるようで減らさないといけないようです。
先日は御堂筋のルミ、今晩は今日で最後の光のルネサンス見物をしました。
御堂筋はほんの少しの区間だけで今ひとつですが、その部分だけ見ると銀杏並木が光っているので良いのではないでしょうか。
静止画はともかく動画の綺麗なコンデジを買いましたので、双方とも動画と静止画で撮影しました。
  1. 2008/12/25(木) 21:23:51 |
  2. URL |
  3. KEN
  4. [ 編集 ]

KENさん

KENさん

画像拝見しました。ありがとうございます。
このイベントは今年もご縁がありませんでした。
元々職場のあった淀屋橋ですが、堂島からは近くて遠い場所になってしまいました。
その後、梅田まで帰ると思うと、歩行量が50分近くになりますしね。
(御堂筋線1駅乗ればいいでしょうが...。東向きにも新線ができたことですしね。)

貴掲示板で拝見しましたが、新コンデジのご導入とのこと。おめでとうございます。
撮影中のズームも可能なハイビジョン動画記録可能機種ですか。
ハイビジョン動画だと2Lサイズくらいまでのプリントは充分取れますから、
シャッターチャンスという概念はなくなってしまうかもしれません。
もしそうなら、またデジカメは銀塩写真の模倣から1つ新しいデバイスへと変貌する訳です。

インプレス社のデジカメWatchで、ちょっと高感度性能などを私も見て見ます。
ご掲載の中之島画像は、なかなか充分な高感度画質ですが、やはり室内での人物の影の部分に出るノイズなどを私はいつも気にします。

F31fdで申し分ないのですが、壊れてしまうと後が無いというのをいつも心配しながらの常用なので....。F100fdがハイビジョン動画記録できれば、私には究極かなあと思えますが、確かそれは無かったんですよねー。



  1. 2008/12/25(木) 23:50:20 |
  2. URL |
  3. 亀田 滋
  4. [ 編集 ]

来年も光のルネサンスがあれば是非職場を早めに出られて運動がてらどうぞ。
私は連続3回目です。一昨年は最終日が26日で大雨、昨年は家人と行きました。
F30、F31fdは大変画質が良くて今でも伝説的な存在ですので大事にしてください。
コンデジはだいぶあれこれ迷いF100fdも候補の一つでハイビジョン動画対応ならば
決めていたでしょう。
ハイビジョンを優先してスティル画質の評判がよろしくないLUMIX DMC-FX37に決めかけました。
再度、価格.comの満足度ランキングを見るとこれまで無視してきた(愛称が原因?)
きみまろズームが上位にいてFX37とほぼ同じ価格でした。
暗部の画質は今ひとつのようですが、ハイビジョン動画とFX37ではできない
「撮影中ズーム」と「10倍ズーム」で、最終的にはTZ5に軍配を上げました。
時々、近隣の田んぼで見かける鷺を携帯電話で撮影することがあったのですが、
今朝、見かけたので10倍ズームで片手持ち撮影しました。ようやくちゃんと撮れました。
  1. 2008/12/26(金) 22:14:38 |
  2. URL |
  3. KEN
  4. [ 編集 ]

KENさん

KENさん

コメントありがとうございます。

> 来年も光のルネサンスがあれば是非職場を早めに出られて運動がてらどうぞ。

そうですね。大阪はもっと事前にガンガン宣伝をするべきでしょう。いつも最終日くらいに、その存在を新聞などで思い出します。
観光が下手ですね。費用がかかっていない訳ではないので、もっとその甲斐があるようにするべきですね。
良いものをやっているという自負があるなら、もっと告知をするべきでしょう。
京都の「光回廊」シリーズ(嵐山など)とか神戸の「ルミナリエ」のように、梅田を歩いているだけで、告知が目に入り、他府県の人でも、予定を知っているというところまで、全然辿りつけてませんよね。

> F30、F31fdは大変画質が良くて今でも伝説的な存在ですので大事にしてください。

はい。kakaku.comでも、その2機種は同じ高評価ですね。でも私はF30に比べてF31fdはかなりの画質改善があったと思いますよ。
まあ余計に大切にしろってことなんですが....。

> コンデジはだいぶあれこれ迷いF100fdも候補の一つでハイビジョン動画対応ならば
> 決めていたでしょう。

そういえば、富士フィルムの新規機種が全く途絶えてますね。
大丈夫なのか....(^^;)。
来春くらいには、「究極のF」であったF100fdにも後継が出るのでしょうが、ハイビジョン動画録画対応になるのでしょうか。
F100fdにそれが搭載されなかったのには、理由があるような気がします。まあ同じ独自CCD路線でもデジ1機種には、もっと多画素機もあるので杞憂に終わればよいのですが...。

TZ5の「デジカメWatch」レポート、なかったですね。
FX37のレポートはありました。静止画画質に不足感があるとの一般評ですが、ISO400、800の暗部ノイズは思ったより軽微で優秀でした。
kakaku.comでTZ5は「このモデルはピクセル当倍で鑑賞することを想定したものでない」と当然のことが結論づけられていました。
当たり前ではないですか....(^^;)。2L程度のプリントにした時に「何かザラザラと発色に違和感があるが、個々のパーツの色がおかしい訳ではない」というものが無ければ、コンデジは充分その存在意義があるんです。
だって銀塩カメラで、そんな真似できませんから。超々小型で、数え切れない枚数の写真をISO800前後で、ノイズ感もそれほど無く2L版のプリントが撮れる、などということは。
このあたり、「マニアの度を越した重箱隅突付きの性能比較」の無意味さというものも、改めて痛感します。
が、周囲のコンデジのデータを時折見る機会がありますが、「結構新製品なのに、この画質で良いものか」と、こちらが焦るような機種も無い訳ではありませんね。

作例を貴掲示板で拝見しました。当倍画像を見ても、なかなか申し分ない画質ではないでしょうか。いいと思います。
片手持ち10倍ズーム撮影で、これですか。凄いことですよね。

しかしその他方、「きみまろ」も「あゆ」も「ライカ」も、パナソニックにとっては、営業のための「単なる文字列」以上のものではない感じですね。
製品へのリスペクトが、営業戦略内容にあまり感じられません。
「次に製品化したものは『きみまろ』で売ろう」とか「あゆが『あゆはこれ』と言えば付和雷同で買うだろう」とか「ライカと言えばオヤジが惹かれる」とか、製品そのものを見ていない感じが、薄ら寒いと感じます。20年前のイメージ戦略をいまだにやっている感じがちょっと惹かれませんね...。
良いものを作っているとメーカ自身が信じるなら、宣伝をもっとうまくできるのではないかと思うのです。
.....といったところで、どことなく、冒頭の大阪府の話に一巡帰着する内容に.....(^^;)。

  1. 2008/12/26(金) 23:52:31 |
  2. URL |
  3. 亀田 滋
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sigkam.blog105.fc2.com/tb.php/40-d4f56030
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

亀田 滋

Author:亀田 滋
1996年にプロトタイプ公開で始まった「亀田 滋のホームページ」でご好評の「25cm口径反射望遠鏡『銀次』の部屋」(2008/10現在HP全体で12万5000超アクセス)と、掲示板のコーナー1、2(2008/10現在通算26万超アクセス)の続きはこちらで!

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

旅先などでの味わい (19)
天文・天体画像 (67)
ブログ運用 (4)
投稿スレッド (7)
はじめに:ブログ開設ご挨拶 (1)
限定公開 (2)
徒然 (23)
重要告知 (4)
創作関連 (4)
観光 (5)
技術情報 (9)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。