25cm口径反射望遠鏡「銀次の部屋」IV 兼 亀田 滋のHP:掲示板のコーナー3

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

お粗末。部分日食は鉄塔の影に。

年末休み直前から久々に風邪をどこからかうつされてしまい、(その他にも血液検査を重ねて不具合の原因を診て貰っている事情もあって)早めにお休みを頂いたものの、天文活動に関して言えば、年末年始は非常に不活性な日々を送りました。初日の出撮影も頑張ったのはOptioSVで、私は大事をとって寝てましたし。

元旦の部分月食をそのような事情と西側の山および雲の邪魔で機会を得ず、この2010/01/15の部分日食は、何とかトライをしたいと考えていました。風邪はまだ治らず、先日、内科で風邪とアレルギーの薬を貰って様子を見てましたが、この日は親会社職場の不稼動日でもあり、お休みを頂き、夕方ようやく体調の様子見をしつつ準備をしていました。

元旦の部分日食より更に仰角的な条件が悪い今回の日食ですから、とにかく玄関の西側に聳え立つ山から距離を置かねばなりません。
どこかの公園で設営しても、遊ぶ子たちなど、夕方ならではのいろいろ配慮しないといけないことが多そうに思え、また車で乗り付けて、路上駐車を気にするのも性分に合いませんから、いつもベランダから東に見える対岸(?)の高台に歩いて行きました。
ミニボーグ45ED一式をカバンに入れ、スカイパトロールIIと三脚はそのまま抱えて、山道を歩くこと15分、ようやく目的の公園に着きました。自宅のあるマンション群が3枚目の写真の右手奥の山の斜面に見えます。

       2010_0115_162327AA.jpg 2010_0115_163908AA.jpg 2010_0115_163927AA.jpg

覚悟していた犬の放し飼い散歩はそれほど居なかったのですが、1人(1組)居れば充分でした。その高台公園の全てのテーブルに自分の荷物を置き、一番奥のベンチに腰掛けて、逆側に居る私のほうまでやってきた犬に大きい声で「たかちゃん、そっちはいったらあかん。お邪魔やで。たかちゃん。こっち来とき。いい子やから。たかちゃん。」の連発。犬はあんたが恣意的にこっちに転がしたボールを追って来ただけのことじゃないか....。
近くに来て「見えますか?」と言われればE5000のモニタを見せてあげることはできたのですが、一切寄っては来られず、大声で私の足元から去らない犬に日本語で「説得」を続けられます。(私は犬は好きですが、こういう方が多いので愛犬家という種族を好きになれません。)
そのうち、そのお仲間が集結して来ました....(^^;)。

場所決めをした時に既に手前にかかる電線の多さに辟易して他の場所も探したのですが、周囲の空き地は全て宅地開発のために頑丈な柵がしてあり、中に入れません。何度かその高台公園を降りて、周囲を探しましたが結局、そこに戻ってきた時には、もう現象が始まる直前でした。

       2010_0115_164344AA.jpg

写野の前をチラチラ犬や人に横切られるのが最も撮影の障害になりますので、機材と太陽の間には何も入れない位置を選んで公園の縁に設営をしたのですが、それが仇となりました。
どんどん太陽が高圧鉄塔に吸い寄せられて行きました.....(^^;)。

       2010_0115_164927AA.jpg

直前まで雲に隠れていた太陽は出番になって顔を見せてくれたのに、今度は覚悟した電線だけでなく、鉄塔が現象を隠してしまいそうです。まだ欠けていませんね。

ようやく太陽の右下が僅かに欠けて来ました。そこに見えない月があるのですね。

       2010_0115_165007AA.jpg

更に欠け際が増えましたが、鉄塔に隠れてしまいそうです。欠け際より鉄塔の影のほうがインパクトあります....(^^;)。

       2010_0115_165041AA.jpg 2010_0115_165101AA.jpg

このあたりが確認できた最大食分でした。

       2010_0115_165233AA.jpg

直後に欠け際は山の稜線にとって変わられてしまい、もう欠け際は見えなくなりました。

       2010_0115_165317AA.jpg 2010_0115_165421AA.jpg

それにしても憎っくき鉄塔です。いや事前調査不足の私が悪いんですけどね....。

       2010_0115_165515AA.jpg

非常に達成感なく、撤収を始めましたが、お邪魔活動も終わったと思ったか、急に犬の散歩族の方々も蜘蛛の子を散らすように消えました。散歩と談笑が目的ならまだ居たらよかろう...(辟易)。

高台公園を降りる途中で、とっくに日没になった後、「幻日」を見ました。なので急遽手持ち撮影しました。
大気の屈折で水蒸気中にニセの太陽が見える一種のプリズム現象です。
条件がよければ幻日も欠けた状態に見えたでしょうか。撮影はこの位置のほうが良かったですね...。

       2010_0115_170143AA.jpg

帰宅して、夜の火星撮影が終わってから日食の成果も確認しましたが、どうにか欠け際が少しでも写っていて安堵しました。
しかし観賞用としては非常に価値がないものになってしまいましたね。
帰宅の山道の気分は非常に悪かったです。小学校低学年の頃、何かの粗相で暗くなるまで学校に残されたか何かで、神社境内の脇の闇を通り抜けながら20分の道を高槻の自宅に帰った日の気分と光景を思い出しながらの帰宅となりました。



スポンサーサイト

テーマ:朝日・夕日の写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/01/16(土) |
  2. 天文・天体画像
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<同日の火星。こちらは比較的良像。 | ホーム | Finepix F31fdをもう1台買いました。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sigkam.blog105.fc2.com/tb.php/143-59bfb12f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

亀田 滋

Author:亀田 滋
1996年にプロトタイプ公開で始まった「亀田 滋のホームページ」でご好評の「25cm口径反射望遠鏡『銀次』の部屋」(2008/10現在HP全体で12万5000超アクセス)と、掲示板のコーナー1、2(2008/10現在通算26万超アクセス)の続きはこちらで!

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

旅先などでの味わい (19)
天文・天体画像 (67)
ブログ運用 (4)
投稿スレッド (7)
はじめに:ブログ開設ご挨拶 (1)
限定公開 (2)
徒然 (23)
重要告知 (4)
創作関連 (4)
観光 (5)
技術情報 (9)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。