25cm口径反射望遠鏡「銀次の部屋」IV 兼 亀田 滋のHP:掲示板のコーナー3

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

2つのHDTV対応カメラを(導入経緯編)。

9月の終わりのいつ頃だったか、週末に新聞を読んでましたら、小さい「話題の新製品欄」に小さいビデオカメラがビクターから出る記事が写真付でありました。
「JVC GC-FM1」....携帯電話の中でも一番小さいサイズくらいの極小極薄で、ハイビジョン(HDTV)動画撮影可能なビデオカメラでした。

       GCFM1a.jpg

よく記事を見るとモニタキャンペーンで入札があり、安価でその機種を入手できるとあって、早速、キャンペーンをネットで見ました。
13800円(くらいだったか)~19800円までの任意の希望価格を入れてエントリしておくと、10月初めに入札が行われ、モデル3色それぞれに500名がモニタ価格でそれを入手できるとのことでした。既にデジカメ技術系評論(デジカメWatchなど)で「市場価格2万円くらいか」との情報が出ていましたので、最高価格を入れることには躊躇しましたが、値崩れしてもその価格で大きな損はないだろう(=その価格に見合う期待がある)と考え、最高額でエントリしました。

10/08にビクターから通知が来て落札できたのことでした。落札額は15000円で、支払いはクレジットで15000円で済みました。
恐らくはその「市場価格2万円くらいか」の記事が、現実の市場価格を低く押し下げた結果、落札価格を19800円にはできなかったのでしょうね。まあ今の市場価格や在庫状況は知らないほうがいいでしょう(知るだけ不幸になりますから、知らせないで下さいね^^)。
モニタの義務は半年に2回、依頼を受けてアンケートをメールで送るだけです。

それと前後して、それ以前からそろそろHDTV動画が撮れるデジカメが欲しいといろいろ見ていました。
非公開記事のことを公開記事で書くのもナニですけど、この夏、F31fdの動画機能がとても活躍したシーンがありました。自分だけではなく、一緒に居た人々にも良い思い出の記録となったようでした。それは私に改めて動画を常時携行機種で撮れることの価値を再発見させることにもなりました。
しかし、その動画はPCでVGA再生している時には、画質などに何の問題も感じないのですが、自宅の液晶TVで見ると、被写体の輪郭にからむmpegノイズなど、かなり酷い画質に見えました。
その印象は今年の祇園祭山鉾巡行で撮った動画を見た時(静止画は記事公開しました)にも感じてまして、折角なら同じ手間で残る記録は美しいほうがいいと考えるようになり、急速にHDTV動画撮影可能なデジカメを物色したくなって行ったのでした。

パナソニックのコンパクト機種に時々値崩れがあり、それを狙うとかも考えていましたが、いつしかSANYOのXactyシリーズの新機種に気持ちが動いて来てました。
何故なら仕様を見ると、所有しているDMX-C4の難点であった「露出制御はプログラム露出のみ」や「手ブレ補正は動画のみで静止画にはない」などが改善されていました。
それらの難点で夜景、暗所では三脚必須となり、コンパクト性、機動性を大きく損なうために、DMX-C4購入時に「将来の改善要望」でメーカ窓口に提案したものでした。(が、その時には、それまでの質疑応答の良好なやりとりと裏腹に、急に何の返答、反応も来ずがっかりさせられたものでした。「掲示板1」の頃の話題です。)

丁度価格の大幅下落(2万円を切るほど)もあり、HDTV動画が撮れる機種の中のローエンドで最軽最小機種、DMX-CG10にほとんど決めかけていたのでした。が、実際に発注しようとした頃には、多くの店舗で品切れになっていました。
後継にマイナーチェンジ版のDMX-CG11が出たためでしょう。(というか値崩れ防止のためのマイナーチェンジとそのマイナーチェンジがあるが故の叩き売りなのでしょうね)
価格の実質上昇のようなものですから、様子をみてました。
そのうち、防水機能までついたDMX-CA9の最低価格がDMX-CG11とほとんど変わらない価格に降りてきましたので、その防水機能を上乗せした価格と思えば、DMX-CA9のほうが割安感が出てきました。

       DMXCA9a.jpg

しかしまあ動画で思い出を残すイベントも当面ないかな、と思いつつ、そのままにしてました。特にインドアマン典型のような私には、いくら割安感があると言っても、防水機能までフル活用するシーンが近々あるともイメージできませんでした。そして、その後、上記のGC-FM1の話となり、そちらに入札エントリをしたのでした。

ところが、その数日後、急遽、そのGC-FM1が届くまでに、その種のイベント話が沸き起こりました。
親バカなんですが、うちの子が高校の体育祭で剣道演舞の一員になりそうとのことでした。剣道部には所属してません。小学生時代に精神修練(父親=私にこそ多量に不足しているものですが....^^;)のために剣道を子にさせていましたが、体育で剣道を習ったときに、隠していたその経緯がにじみ出てしまったようで、所詮数合わせの事情もあったにせよ、剣道部から一緒に参加してくれ、という要請を請けたとの話でした。
私同様、あまり運動面では華々しい話題の無かった子ですから、私としては実にその経緯を「カッコいい~。自分の人生には全く類似の体験がない(羨)」とさえ思い(超親バカ)、何とか記録に残したいと思ったのです。勿論、当人や家人は「そんなもの希望しない」とのことでしたが....(^^;)。

GC-FM1は10/8落札連絡の後、送られてくるのは10月中旬以降とのことでした。体育祭には間に合いません。それでDMX-CA9もネットで発注しました。

その後、体育祭は雨天で翌日順延、その翌日には新型インフルエンザ罹病者の急増で、中止が決まり、日程ギリギリ間に合って到着したDMX-CA9の発注は全く甲斐のないものとなってしまいました...。

GC-FM1もその後届き、手元には急遽、当面出番の機会もないHDTV対応カメラが2台残りました(^^;)。


スポンサーサイト

テーマ:デジカメ - ジャンル:写真

  1. 2009/10/31(土) |
  2. 技術情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2つのHDTV対応カメラを(非常にがっかり編)。 | ホーム | 赤い月。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sigkam.blog105.fc2.com/tb.php/128-50c4a448
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

亀田 滋

Author:亀田 滋
1996年にプロトタイプ公開で始まった「亀田 滋のホームページ」でご好評の「25cm口径反射望遠鏡『銀次』の部屋」(2008/10現在HP全体で12万5000超アクセス)と、掲示板のコーナー1、2(2008/10現在通算26万超アクセス)の続きはこちらで!

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

旅先などでの味わい (19)
天文・天体画像 (67)
ブログ運用 (4)
投稿スレッド (7)
はじめに:ブログ開設ご挨拶 (1)
限定公開 (2)
徒然 (23)
重要告知 (4)
創作関連 (4)
観光 (5)
技術情報 (9)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。