25cm口径反射望遠鏡「銀次の部屋」IV 兼 亀田 滋のHP:掲示板のコーナー3

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

大赤班の位相での銀次木星像。しかし雲が....。

この日は朝は強い雨、夕方までずっと厚い雲の下でした。
それでも夕方から銀次の鏡筒を温度順応させていたのは、当夜、木星がベランダから見える時間帯に、久々に大赤班が良い感じに見える好機だったからです。
20時過ぎになって、雲が切れて来ました。ポンセマウント、銀次架台をベランダに運び出し、設営しました。
木星が低空にある間は、赤緯微動装置はほとんど有効ではない(天板を上下する機構上、南中周辺で効き始めるので、東の空では微動移動角のタンジェント分しか効きません。つまり真東に鏡筒が向いていたら微動補正量はゼロになります。)ので、ファインダー合わせの後、そのファインダーを使ってToUCamの狭い写野に木星を導入するのは、今回も手間がかかりました。何せ超高倍率下なのに、鏡筒を手で押して、超粗動で対象を狭い写野に持っていく訳ですから。

苦労してようやく写野に木星を収め、日周運動側の微動駆動の操作可能を確認した上で、撮影に入りました。
その瞬間、木星は写野から消えました.....。それまでの1時間以上、全く無かった雲が急に木星のある空の半球に押し寄せて来ました。雲間に木星が隠れていく途中、および雲間から少し輝度が上がったところで、撮影をしてみましたが、雲間で調整した輝度設定と雲間から出てきた木星の輝度が全く違っていて、撮影のやり直しなどをしているうちに、また木星は雲に消えました。

結局、22時半ごろ、もう既にベランダの屋根による口径食が半分以上起こってしまっている仰角に木星が至ったところで、ようやく雲が消えました。その後、雲は出てきませんでした。ベランダから撮影できる1時間半程度の間だけ、木星は雲に隠れていた訳でした。

こういう夜の撤収は疲れますねー(^^;)。
いくつかのデータを処理しましたが、雲を通して撮影強行したデータのほとんどが絵になりませんでした。
雲の突入しかかった途中、および途中の雲間から木星が顔を出した時に撮った、まだましなのを2画像ほど公開します。
が、動画データ取得時の輝度が低すぎて、今回は折角1200フレーム程度のデータを得たにも関わらず、粒状性は悪いです。

       jg20098029_01_L12_1093R3.jpg jg20090829_05_L12_1148R33.jpg

それでも大赤班の存在が画像を引き立てますね。二本の縞も前回は上側(倒立像なので南側)の縞は直線的だったのですが、今回は二本とも複雑な折れ曲がりと濃淡分布を見ることができます。大赤班の右脇とその下(下側縞)にある暗班の濃淡はあまり普段、見られないほどのものですね。木星の自転で他の模様と一緒に動いてますから、処理のアヤなどでは無さそうです。彗星の衝突痕としてニュースに画像が掲載されていた位置は、もっと上端(南極あたり)でした。何か他の異変でも木星面に起こっているのでしょうか....。

しかし残念ながら、その詳細は地球の雲による散乱で、大幅に割り引いた結果となっている印象です。
1番目の画像については、同じデータからのWavelet処理(Linear[1:2])のマイルド処理結果、強調処理結果も順に並べてみます。
輝度が充分あって、全フレームの質が雲に損なわれていなければ、強調処理でも画像がそれほど汚くならずに詳細が検出できたのでしょうね。ちょっとその点が惜しまれます。

       jg20098029_01_L12_1093R31.jpg jg20098029_01_L12_1093R32.jpg

いつになったら「雲間からの悪条件にしては」とか「低空気流の悪条件下では」などと、言い訳めいた前提をつけての画像公開が無くなるのでしょう(^^;)。既に現状でも価格なりの写真鏡としての実用性は証明できているようなものですが、銀次の光学性能の高さを画像でも証明したいという長年の想いと期待が大きいために、却ってこの足踏み状態にはもどかしさを感じます。

しかし、もう今までの夢だった「うちの銀次で惑星の追尾撮影をいつかやってみたい」が、現実のことになっているのです。
そのことは、やはりとても幸せなことなのです。ポンセマウント製作者様のご好意により、安価で非常に優れた機材を製作・ご提供頂き、そのご支援でこの幸せは実現しました。不本意な足踏み状態に焦る余り、そのことへの感謝まで忘れてはバチが当たるというものです。
当夜は天気予報では曇でした。予報が少し外れて、大赤班の位相の木星像を2枚ほど得られた、まあそれで当夜は充分幸せだと言えましょう。「流石は銀次!」。この宣言はまあ近いうちに置いておきます(^^)。



スポンサーサイト

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2009/08/30(日) |
  2. 天文・天体画像
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:19
<<本記事の限定公開を解除しました。 | ホーム | 先日の木星像を再処理してみました。>>

コメント

ToUcam

亀田さん
まことに意地悪な雲ですね。
昨日は朝から今日の朝まで快晴で、星のちらつきも少なくて出陣しました。
ビデオカメラで初めて撮影しました。
ズーム機能で導入は大変楽ですが、画像処理がうまくいきません。NTSC出力でもないのにインターレースが目立ちますし、レジスタックスでインターレース処理しても綺麗に取れません。
結局は使い慣れていて最後に撮影したToUcamProIIでの処理が良かったです。
  1. 2009/09/02(水) 20:44:02 |
  2. URL |
  3. KEN
  4. [ 編集 ]

KENさん

KENさん

> まことに意地悪な雲ですね。

まあ私の場合、多くの記事に残っております通り、そういうことは頻繁にありますので、織り込み済みであります(^^;)。
扇状地の根っこのような土地の形状で雲がたまりやすいとか、雲は西から東に流れるのが普通なので、東向きベランダでは常に背後から雲に不意を突かれるなど、多くの付帯要因はあるとは思いますが、基本、本人にお祓いが必要なのではないかと長年感じております(^^)。

ビデオでの撮影時にはズームは便利でした。2003年の手持ち撮影を思い出します。
ドブソニアンでフリーストップ架台の場合、しっかりと接眼鏡にビデオを取り付ける訳にいかない(鏡筒がお辞儀してしまいます)ための苦肉の策でした。その奇策あって同年の火星は画像に残せたものでしたが、やはり主鏡や接眼鏡の光軸に対して、光学式手ブレ補正を使って
対象を写野に留めても、手持ちビデオの光軸はフラフラする訳で、それが解像感、輪郭の甘さになって「妙な絵画調」の味わいになっていたものでした。

それはそれで個性と納得していましたが、「いつかきちんとした環境で、折角の良い主鏡の光学性能を画像で示してみたいものだ」とは密かにずっと願って来た訳でした。月面画像ではある程度それを示せて来た訳ですが、超強拡大の惑星像においても環境は整い、あとは気流・気象条件次第というところまで来ました。

> 結局は使い慣れていて最後に撮影したToUcamProIIでの処理が良かったです。

ビデオ時代には私は走査線関連の弊害はなかったですが、Registaxへの入力までに変換の手間が大変だったのを覚えています。
懐かしいですね。もう天文界への復活以来、6年です。思い出も沢山できました。

---

話は違いますが、インフル、夏風邪など街中に蔓延しています。どうぞご自愛下さい。>みなさま。
どうも私は今夕から腹に来てまして、かかりつけの医院の夜の部で診て貰いました。
インフルではなかったのですが、医院の勧めもあり、明日はこのままでは養生が必要になりそうです。

  1. 2009/09/02(水) 23:14:06 |
  2. URL |
  3. 亀田 滋
  4. [ 編集 ]

ウイルス

お祓いですか。当方もアレやコレやとお祓いしてもらいたいですね。その内、お払い箱になりますが。^o^
インフルエンザも困ったものです。寒くなったら一体どうなるのでしょうか?
なんでこんな単純な物質に苦しめられないといけないのか、なんでウイルスみたいな物質が存在するのか。
ほとんど核酸のみというものが誰が考えてどうしてできたのか不思議なものです。
宇宙戦争では微生物によって人類が助かるのですが、小説ができた頃はウイルスが発見されていなかったようで。
  1. 2009/09/03(木) 20:04:50 |
  2. URL |
  3. KEN
  4. [ 編集 ]

KENさん

KENさん

今まで養生しておりましたが、ようやく本調子です。
その間、天候は良かったのですが、撮影には至りませんでした。
明日の夜はどうでしょうね。

> その内、お払い箱になりますが。^o^

相変わらずの名調子ですね。(ネタ帳に書いておこう^^)

> ほとんど核酸のみというものが誰が考えてどうしてできたのか不思議なものです。

宿るものがあって初めて生物としての活性が出る存在なので、単純な原始的な生命というより、構造組織を単純化させて生命から再び非生命の境界に戻って行った存在である、という定義が優勢ですね。
なぜなら単独では生命の定義に見合う活性状態に至れないからだ、という理屈です。

前生命物質として考えるほうが面白いなあと私は学生時代から思っていましたが。
宿主となる複雑な(自分だけで代謝と増殖ができる)存在がそこから進化して、周囲にあるウイルスがそれにあやかる関係だったのが、どんどん宿主が増えて、今のバランスになった、という考えでした。
何ゆえ、そんなウイルスのような存在が必要なのか、といえば、遺伝子組み換えのトリガーになり得るのではないか、ということです。

身体中に針があるモグラやネズミは直接の進化系統が違うものの、針が生える遺伝子は同じものを持っていて、それらは外から後で遺伝子列に加わった形跡があるという話を聞いたことがあります。

毎年、沢山の人が風邪やインフルで寝込まされるのは、案外、進化(または結果次第では劣化)のトライをさせられているのかもしれませんね。彗星のガスの中に核酸様物質を検出したという報道もありました。彗星が大災厄をもたらすという中世の言い伝えは、再び真実に近くなってきた、と言えるのかもしれません。

> 宇宙戦争では微生物によって人類が助かるのですが、小説ができた頃はウイルスが発見されていなかったようで。

そうですか。じゃあウエルズはバクテリアをイメージしたのでしょうかね。
ウイルス自体は発見されていなかったが、そのようなものが疫病をもたらすという概念はあったのかもしれませんね。

  1. 2009/09/05(土) 21:54:22 |
  2. URL |
  3. 亀田 滋
  4. [ 編集 ]

大赤斑

今晩は南中頃に大赤斑がこっち向きで出陣しました。シーイングはマアマアでした。
そろそろ寝ます。
  1. 2009/09/06(日) 01:39:22 |
  2. URL |
  3. KEN
  4. [ 編集 ]

KENさん

KENさん

> 今晩は南中頃に大赤斑がこっち向きで出陣しました。シーイングはマアマアでした。

URLタグ経由で貴掲示板の木星像を拝見しました。
この仕上がりで「 画像処理では期待したほどでなかったです。」ですか....。
驚きの凄い画像だと思います。なかなか私はこの水準の成果を出せないです。
いつの間にか私の水準が相対的に下がっているのかもしれませんね。
といいつつ、ベランダから見える仰角ではなかなか撮影条件が良くなりません。
C8を使えば南中付近の木星を屋上から狙うことはできますが、今は銀次+ポンセット架台で早くしっかりとした成果を確認したいところですから、歯がゆい足踏み状態です。この見極めが今年の火星への機材選定に大きく関わるので安易な優劣を判断はできません。
今週末は養生優先にしました。次の1週間も平日はかなりの多忙ですので、週末、天候と体力の状況、加えて大赤班の位相が合えばトライしてみたいものです。


  1. 2009/09/06(日) 14:51:28 |
  2. URL |
  3. 亀田 滋
  4. [ 編集 ]

今晩

亀田さん
涼しくて蚊が少なくて惑星撮影には、いい時期です。
今晩は出陣しましたが、先日よりも木星はプヨプヨしていました。
なかなかピタッと止まりません。
  1. 2009/09/09(水) 23:33:28 |
  2. URL |
  3. KEN
  4. [ 編集 ]

KENさん

KENさん

> 今晩は出陣しましたが、先日よりも木星はプヨプヨしていました。

画像を貴掲示板で拝見しました。
惑星像の仕上がりは気流次第というのが先日のご成果と比較して改めてよく分かりますね。
でも今回の仕上がりも最近の私の成果水準より遥かに上に感じます。
最近はQCamはお使いにならないのでしょうか。私も一応買ったのですが、改造はまだです。

次の週末の天候と木星の位相はどうでしょうね。
平日は帰宅も遅いので、ベランダから木星が見える時間帯内に温度順応を終わらせるのは難しくなりました。
そろそろ週末にしっかりとした成果を得て、安心したいところです。

限定公開記事のパスワードを変更しています。メールでご照会下さいね。>他のご常連様も。


  1. 2009/09/09(水) 23:44:51 |
  2. URL |
  3. 亀田 滋
  4. [ 編集 ]

再処理

ありがとうございます。今晩の木星像をご覧いただけましたか。先ほどフレームを絞って再度処理してみたら少し良化したようです。
QcamS7500は、木星以遠は暗くてしんどいと思います。感度が低いですから。画素数が多いので小さくて明るい火星では期待しています。
  1. 2009/09/10(木) 00:37:35 |
  2. URL |
  3. KEN
  4. [ 編集 ]

亀田さん
週末ですが、イオとエウロパの食がありますよ。
  1. 2009/09/10(木) 00:42:32 |
  2. URL |
  3. KEN
  4. [ 編集 ]

KENさん

KENさん

> 先ほどフレームを絞って再度処理してみたら少し良化したようです。

拝見しました。フェストーンの階調分離など充分良像の部類だと思います。
最近の私の仕上がりの感覚では、自己絶賛の部類に入ると思います。

C8でも並行にやるべきか....などとも思ってしまうのは、銀次でこれ以上の成果が出なかったら、という不安がじわじわ出てきているということなんでしょう。まあ何度か以後もトライしてみます。ベランダから見えなくなれば、なかなかテストできませんし、そうなれば屋上でC8が活躍します。

> 週末ですが、イオとエウロパの食がありますよ。

情報ありがとうございます。アストロアーツHPで確認しました。星空ガイドはトピックスだけでなく詳細をしっかり見ておかねばいけませんね。日曜ですね。ベランダから見えている時間帯です。土曜は大赤斑の位相がいい感じです。土日とも好天だといいですね。


  1. 2009/09/11(金) 21:46:19 |
  2. URL |
  3. 亀田 滋
  4. [ 編集 ]

You wrote>>
>日曜ですね。

え? そうなんですか?
当方の週末というのは12日(土)の夜です。
でも、予報では曇りで残念です。
  1. 2009/09/11(金) 22:14:02 |
  2. URL |
  3. KEN
  4. [ 編集 ]

KENさん

KENさん

> 当方の週末というのは12日(土)の夜です。

http://www.astroarts.co.jp/phenomena/2009/ph200909-j.shtml

ああそうですね。どういう見間違えをしたんだか....(^^;)。
天気悪そうですかー。

  1. 2009/09/11(金) 22:29:27 |
  2. URL |
  3. 亀田 滋
  4. [ 編集 ]

ビデオ

先日のビデオ撮影顛末を公開しました。
ミードのデジカメアダプターとHC-Or12mmを使用しました。
冬にコンデジでの土星ビデオ撮影は撮像が暗くて失敗でしたが、木星でトライしてみても面白いかなあと感じました。
日曜日は晴れそうですね。
  1. 2009/09/11(金) 22:52:23 |
  2. URL |
  3. KEN
  4. [ 編集 ]

KENさん

KENさん

> 先日のビデオ撮影顛末を公開しました。

URL欄から貴掲示板の画像を拝見しました。
しっかりと硬調の良い木星像ですね。
後のデータ化が手間ですが、撮像時には確かにコリメート法のビデオ撮影は、撮影自体の手間や苦労を軽減します。

ビデオで撮影するとVGA記録でも720×480pixelで記録されるので、縦横比を詰めてやらないと横長の静止画像ができあがりますね。
昔(まあ今もうちなどありますけど)アナログTVに両端を切り落として再生できる余裕を持たせたのではないでしょうか。
古いアナログTVは水平同期が結構ズレたものもありましたから。
ハイビジョン記録でもその縦横比の文化が残っているのかもしれませんね。

2003年の初期の私の火星像がそんな事態に陥ってました。

http://sigkam.web.fc2.com/hoops04/html/ginji_6.htm

> 日曜日は晴れそうですね。

となれば、明日の夜から天気は好転して行ってくれるといいですね。
明日は大赤班の位相もベランダから見える時間帯向きです。

  1. 2009/09/11(金) 23:15:35 |
  2. URL |
  3. 亀田 滋
  4. [ 編集 ]

衛星の光と影

久しぶりの本降りです。
今晩の衛星食は先ず無理でしょう。
衛星の陰が衛星に落ちている素晴らしいGIFアニメがあるのをご存知ですか?
このページの上から2/5あたりです。
 ↓
http://alpo-j.asahikawa-med.ac.jp/kk09/j090816z.htm
もうこれはあっけにとられました。
  1. 2009/09/12(土) 16:17:46 |
  2. URL |
  3. KEN
  4. [ 編集 ]

KENさん

KENさん

> 久しぶりの本降りです。

山の上は涼しくて気持ちいいです(ヤケモード^^;)
明日は晴れだそうですのにねー。

> もうこれはあっけにとられました。

見ました。惑星像では世界的に著名なGo氏のご成果ですね。
イオもガニメデも模様がしっかり見えてますね。
C11で低緯度地方での撮影では気流の影響をここまで下げられるのですね。いいですねえ。
眼視でもここまで模様が見えたらもう中毒になるでしょうねえ。
でもどんな機材を使っても国内の低仰角ではダメでしょうね。
次元が違いすぎますね。いっそ鑑賞側になりきってしまおうか、という感じの昨今です。

冬場の火星は仰角がどんどん上がって行きますから、我々も頑張りどきですね。


  1. 2009/09/12(土) 16:31:35 |
  2. URL |
  3. 亀田 滋
  4. [ 編集 ]

火星と太陽

木星は低高度のまま、まだまだですね。
火星が楽しみですが、太陽活動が心配です。
当方が心配してもしょうがないのですが。
  1. 2009/09/14(月) 23:08:30 |
  2. URL |
  3. KEN
  4. [ 編集 ]

KENさん

KENさん

> 火星が楽しみですが、太陽活動が心配です。

ん?太陽活動の活発化と火星はどういう関係でしたっけ?

今年は職場の仲間もNexStar5SEを買い、火星の到来が楽しみです。

  1. 2009/09/14(月) 23:19:05 |
  2. URL |
  3. 亀田 滋
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sigkam.blog105.fc2.com/tb.php/114-6921b61f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

亀田 滋

Author:亀田 滋
1996年にプロトタイプ公開で始まった「亀田 滋のホームページ」でご好評の「25cm口径反射望遠鏡『銀次』の部屋」(2008/10現在HP全体で12万5000超アクセス)と、掲示板のコーナー1、2(2008/10現在通算26万超アクセス)の続きはこちらで!

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

旅先などでの味わい (19)
天文・天体画像 (67)
ブログ運用 (4)
投稿スレッド (7)
はじめに:ブログ開設ご挨拶 (1)
限定公開 (2)
徒然 (23)
重要告知 (4)
創作関連 (4)
観光 (5)
技術情報 (9)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。