25cm口径反射望遠鏡「銀次の部屋」IV 兼 亀田 滋のHP:掲示板のコーナー3

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

ついに銀次で惑星の追尾撮影ができる日が到来!まずは木星像の速報。

今夜、天気予報が外れて少し晴れ間がありました。
夕方から機材をスタンバイしてましたので、木星で撮影テストをしました。

今回は電源を単三電池から、以前、NexStar8iの安定駆動用に用意した安定化電源装置に替えてみました。追尾は安定しています。諸問題はほぼ解消しました。

雲がからむ800フレーム前後からの合成ですが、速報で2画像、公開します。

       jg20090823_08_762R3.jpg jg20090823_09_758R32.jpg

木星本体の右端に衛星の影が落ちてますね。
少ないデータと気象条件の悪さを超えて、非常に満足の画像になったと感じています。
左側の画像などはまだまだ処理が粗く、追い込む余地がありそうです。
正式にはお時間を頂いて、じっくり処理をしてみます。その時に今回の顛末も纏めることにします。

撮影中は赤緯微動装置などは不慣れだったので、木星が追尾を外れて写野を外れて行ってもそのままにせざるを得ませんでしたが、PCのHDD満杯と雲の出現での撮影終了後、雲間から見える木星を狙って、各種追尾調整操作をしましたら、ほぼ満足に狭いToUCam写野の中に木星をコントロールすることができました。次は1600フレーム前後、必要なだけのデータを取得できると思います。

当夜の成果には、非常に満足しました。
ついに銀次導入以来、6年。銀次で惑星の追尾撮影ができる日が来たのです(^^)/。
明日、お支払いの送金をする予定です。いろいろ問題が出ましたが、ほぼ解決し安堵しました。

2003年に手持ちビデオのデータ合成で木星像を撮っていた時には、ここまでの解像感は得られませんでした。(「銀次の部屋3」を参照下さい。)
銀次の鏡面精度に起因するものではないことは、眼視の印象で明らかでしたが、画像でそれを示せることはなかったのです。これからは、その点を挽回して余りある展開になるでしょう。今年秋の火星が楽しみです(^^)。


スポンサーサイト

テーマ:宇宙・科学・技術 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2009/08/23(日) |
  2. 天文・天体画像
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<銀次初追尾撮影での木星像の仕上げ。 | ホーム | 伊丹市花火大会をベランダから。>>

コメント

電源

亀田さん
一時はどうなることかと思っていましたが安定電源で解決でしたか。
薄雲での写真でこれだけの像ならば条件がよければ25cm銀次のどんな像が得られるか楽しみです。
  1. 2009/08/24(月) 20:32:47 |
  2. URL |
  3. KEN
  4. [ 編集 ]

KENさん

KENさん

> 一時はどうなることかと思っていましたが安定電源で解決でしたか。

ご心配いただきありがとうございます。
過去に用意した工夫で今、助けられるというのがよいなあと思います。
何でも妥協無くやっておくことですね。趣味なら尚更だと思いました。

> 薄雲での写真でこれだけの像ならば条件がよければ25cm銀次のどんな像が得られるか楽しみです。

この日の他の処理の中にもっと良い成果はあるようです。
でもやはり倍くらいのフレーム数を取得しないといけませんね。
微動のコントロールも自在にできるようになって来ましたので不可能ではありません。
当夜は雲もなくいい天気でした。が、遅い帰宅で機会なしです。
池田のがんがら祭も見ることができませんでした。


  1. 2009/08/25(火) 00:41:44 |
  2. URL |
  3. 亀田 滋
  4. [ 編集 ]

星をもとめて

昨日は出陣しましたがシーイングがとても悪く結果は散々でした。
今日も風が強くて星がちらついています。
出撃タイミングが難しいです。
さて、今週末は「星をもとめて」が開催されます。
当方は参加予定です。
  1. 2009/08/25(火) 23:42:01 |
  2. URL |
  3. KEN
  4. [ 編集 ]

KENさん

KENさん

毎々コメントありがとうございます。
先ほど終バスで帰りました。

> 昨日は出陣しましたがシーイングがとても悪く結果は散々でした。

そうでしたか。夕方からの抜ける青空、雲ひとつない空に木星がくっきりの情景に、早く帰宅できたらなあという想いがありましたが、上空は既に秋口の乱気流だったのですね。

> さて、今週末は「星をもとめて」が開催されます。

参加すればポンセマウント製作者様ともお会いできると分かってるのですが、今年も参加の機会は残念ですが無さそうです。


  1. 2009/08/26(水) 01:04:44 |
  2. URL |
  3. 亀田 滋
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sigkam.blog105.fc2.com/tb.php/111-824dd115
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

亀田 滋

Author:亀田 滋
1996年にプロトタイプ公開で始まった「亀田 滋のホームページ」でご好評の「25cm口径反射望遠鏡『銀次』の部屋」(2008/10現在HP全体で12万5000超アクセス)と、掲示板のコーナー1、2(2008/10現在通算26万超アクセス)の続きはこちらで!

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

旅先などでの味わい (19)
天文・天体画像 (67)
ブログ運用 (4)
投稿スレッド (7)
はじめに:ブログ開設ご挨拶 (1)
限定公開 (2)
徒然 (23)
重要告知 (4)
創作関連 (4)
観光 (5)
技術情報 (9)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。