25cm口径反射望遠鏡「銀次の部屋」IV 兼 亀田 滋のHP:掲示板のコーナー3

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

最後のご挨拶です。

「銀次の部屋」「亀田滋のホームページ」をご支援頂いた皆様

長い間、お世話になりました。
本ブログを含めた趣味情報の公開活動を終わりたいと考えています。

既に本ブログでの最近の記事およびコメントで経緯をご説明の通り、
自宅マンションの外壁改修工事でベランダと屋上を4ヶ月ほど使えなく
なることが決断を促してくれました。

先日の有終の美、火星像の最終仕上げを公開します。
(4AVI連結データを60%、4896フレームでフィルタリングし、Optimize処理時に
2倍リサンプリングの上、Wavelet処理はLinear[1:3]、最終的に75%縮小を
かけました。)

       m20100124_12_15_L13_4896R33.jpg

冬場の悪気流に霍乱された今シーズンもようやく満足の水準を得たことで、
大いに安堵しましたし、当面思い残すことはないと考えることができました。

眼視で見える通り、火星は太陽の光を満面に反射して、まばゆい存在です。
赤く光る球体のように表現されないと美しくないと考えています。
ずっとそのように撮影してきた私の火星像はどこか画像でないような
絵画のようなニュアンスを持っていたように思います。
それが自分でもお気に入りでしたし、それが他の方々の火星像とは
違う異質感もあったかと感じています。

幼少の頃から、火星は何か特別な存在でした。
それが何か分かりませんが、2003年の大接近で天文趣味復活をして以来、
ずっと火星撮影を主軸に突き動かされるところがありました。

小接近の今回とは言え、まだ最接近の段階で、機会を逸するのは本来
残念なことの筈ですが、やり終えた実感のほうが大きいようで、悔いはない
感じで居ます。

この春からは他の多忙で休止していた作曲創作も復活の予定です。
狭いロフトベッドの下で机と逆側の背中側に、当面使用頻度が高そうな機材のみ
再度組み上げて配線も完了しました。

       2010_0130f.jpg

ですが、旧来の実名サイトでの作品・情報公開は予定しておりません。
既にこの2年で探究した別の世界の成就によって「自分探し」がようやく終わり
創作を「自分の名をあげる」ことと完全に切り離して純粋に探究できる立場に
なれたと考えているからです。

長年、弊サイトをご支援頂いたご常連様には、この後、メールでご挨拶と
今の私の世界をお伝えしたいと考えております。

では、皆様、長い間、お世話になりました。ありがとうございました。


---

亀田 滋 




スポンサーサイト
  1. 2010/01/30(土) |
  2. 重要告知
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2カウンター

プロフィール

亀田 滋

Author:亀田 滋
1996年にプロトタイプ公開で始まった「亀田 滋のホームページ」でご好評の「25cm口径反射望遠鏡『銀次』の部屋」(2008/10現在HP全体で12万5000超アクセス)と、掲示板のコーナー1、2(2008/10現在通算26万超アクセス)の続きはこちらで!

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

旅先などでの味わい (19)
天文・天体画像 (67)
ブログ運用 (4)
投稿スレッド (7)
はじめに:ブログ開設ご挨拶 (1)
限定公開 (2)
徒然 (23)
重要告知 (4)
創作関連 (4)
観光 (5)
技術情報 (9)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。