25cm口径反射望遠鏡「銀次の部屋」IV 兼 亀田 滋のHP:掲示板のコーナー3

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

中山寺の紅葉。地上の豊かな色彩を愉しむ。

この週末あたりが紅葉が見ごろだと思いました。
恒例の京都散策もしたいのですが、週末に一旦山の上の自宅に引きこもりますと、交通の便や距離感的な抵抗もあり、なかなか京都までは至れません。去年もそうだったかもしれませんが、とりあえず地元の観光地である中山寺を散策しました。

七五三での混雑を覚悟しましたが、土曜の午前、まだ早い時刻だったせいか、人はまばらで丁度よい感じでした。境内には紅葉はちらほら、奥にある観音公園に向かいました。ここはもう完全に貸切独占状態でした。

       2009_1121_101302AA_R.jpg 2009_1121_101454AA_R.jpg

       2009_1121_101511AA_R.jpg 2009_1121_101756AA_R.jpg

HP本体の「日曜写真家のコーナー」にもContaxTVSの作例で同じ構図が結構ありますが、今回それらを意識して再び撮ってみました。
(日曜写真家のコーナーの画像、小さいですね。1990年台末期、まだWebブラウザの画面サイズがVGAか800×600pixelsが主流だった頃のページ製作でしたから.....。)

ContaxTVSは標準価格17万円もする「高級銀塩コンパクトカメラ」でした。写りや発色にも独特の癖があり、かつてのお気に入りではありましたが、今回使った(というか毎度常用の)Finepix F31fdは、写り、発色、小さな筐体、操作性まで含めて何をとってもそのContaxTVSが持つ特色を凌駕していると感じました。

       2009_1121_101933AA_R.jpg 2009_1121_102034AA_R.jpg

       2009_1121_102151AA_R.jpg 2009_1121_102227AA_R.jpg

春先に同じ場所で梅を撮った記事を本ブログに掲載した際、周囲の人から「やっぱりデジ1はいいね。前景ボケとかとっても美しいね。」とコメントを頂きました。有難かったことなのですが、でもそれはデジ1でなくても可能なんですよね。要は撮影の基本が分かっていて、使う機種がそれに相応するかどうかだけです。一眼機構は関係ありません。(これが普段、私が言う「デジカメのあるべき姿に一眼機構は不可欠ではなく、他の本格路線があってもいい筈だ」という主張にもつながります。)

例えば、こんな感じです。絞り開放と近接マクロ、そして背景までの充分な距離の確保、それだけで背景ボケ、前景ボケは表現できます。
勿論、これらは写真の技法として可能というだけで、それを使った写真表現というのは別次元のその先にありますが。

       2009_1121_102608AA_R.jpg 2009_1121_102643AA_R.jpg

広大な空間に対してあまりの独占状態にセルフタイマーで記念撮影を。題名は「観音様との対話」?何を目指しとるんだか.....(^^;)。

       2009_1121_103317AA_R.jpg

まだこの奥地でも紅葉は少数でした。すり鉢状の観音公園の上に、運動場のような台地があり、その先に小さな山の斜面がありますので、そこに紅葉を求めて上りました。

       2009_1121_103527AA_R.jpg 2009_1121_103718AA_R.jpg

ようやく美しい紅葉にたどり着きました。
実は中山寺では、毎回、ここで紅葉画像を得ます。あまり高度が低いところには紅葉スポットはありません。

       2009_1121_104044AA_R.jpg 2009_1121_104337AA_R.jpg 2009_1121_104839AA_R.jpg

ススキも綺麗ですね。日の光を浴びて黄金色に輝いています。

       2009_1121_104951AA_R.jpg 2009_1121_105154AA_R.jpg

火星を除き、多くの天体には色彩は乏しいです。地上には沢山の豊富な色彩が溢れかえっています。それらを時々愛でる機会を持つことは、年々大切なことではないかと思うようになりました。

近年建てられた仏塔ですが、色彩が鮮やかです。日本の寺社仏閣は本来はこのような色彩豊富なものだったそうですね。渋い枯れた世界は経年変化が為した状態に過ぎないそうです。横にある黄色が美しい木々の色合いも霞むほどです。

       2009_1121_105625AA_R.jpg

最後は境内に戻り、きつねそば\500を頂きました。とろろ昆布だけが入っている「おぼろそば」が、あまり他では食べる機会がないお気に入りでしたが、同じ値段だったので、ついそちらを....(^^;)。
自称蕎麦通の私がどうこう言う蕎麦ではありませんが、こういうところで頂く蕎麦はまた格別の味わいです。

       2009_1121_110054AA_R.jpg

流石にもう昼前には人が賑わって、その境内の食堂でも元ヤンキー風の母親が「おら!勝手なことばっかりチャラチャラするからこぼしたやんけっ!」と恐らく3歳も満たない幼子をどなりつけたり阿鼻叫喚です(^^;)。でも元ヤンの母親も七五三、カッとなって怒鳴りつける子の安泰も願うのだ、と思うと、微笑ましいです。きっと仏様はご加護を下さるでしょう。ならば、もう少しは敬虔な私にもぜひご加護をお願いしたいものです(^^;)。

そう思って、遅ればせながらこの後、お賽銭しました。もうこんな年齢ですから、安産を願っても仕方がありません(^^)ので、私につながる全ての人の幸せをお祈りしました。

その後、所用で電車に乗りました。途中で父子が乗ってきて、子が「早くさっきの出して」とせがみます。出てきたのは「将棋入門」でした。
まだ子は小学校低学年に見えました。その本を父子で読みながら「じゃ次はお父さんの番。ここはどう打つ?」とか楽しそうにその子は言ってました。それに逐次応えて一緒に楽しむ父親像がそこにありました。

いつぞや同じ車内の風景で「この子はこの親に折角の知性の芽を摘まれてしまう。」という話を書きましたが、この例はその逆です。こういう親子像が安泰なら、まだこの国も捨てたものではありません。いいものを見せて頂いたという気分がしました。

なんだかほんわか良い1日でした。



スポンサーサイト

テーマ:紅葉 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/22(日) |
  2. 観光
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ

FC2カウンター

プロフィール

亀田 滋

Author:亀田 滋
1996年にプロトタイプ公開で始まった「亀田 滋のホームページ」でご好評の「25cm口径反射望遠鏡『銀次』の部屋」(2008/10現在HP全体で12万5000超アクセス)と、掲示板のコーナー1、2(2008/10現在通算26万超アクセス)の続きはこちらで!

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

旅先などでの味わい (19)
天文・天体画像 (67)
ブログ運用 (4)
投稿スレッド (7)
はじめに:ブログ開設ご挨拶 (1)
限定公開 (2)
徒然 (23)
重要告知 (4)
創作関連 (4)
観光 (5)
技術情報 (9)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。