25cm口径反射望遠鏡「銀次の部屋」IV 兼 亀田 滋のHP:掲示板のコーナー3

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

中山寺の紅葉。地上の豊かな色彩を愉しむ。

この週末あたりが紅葉が見ごろだと思いました。
恒例の京都散策もしたいのですが、週末に一旦山の上の自宅に引きこもりますと、交通の便や距離感的な抵抗もあり、なかなか京都までは至れません。去年もそうだったかもしれませんが、とりあえず地元の観光地である中山寺を散策しました。

七五三での混雑を覚悟しましたが、土曜の午前、まだ早い時刻だったせいか、人はまばらで丁度よい感じでした。境内には紅葉はちらほら、奥にある観音公園に向かいました。ここはもう完全に貸切独占状態でした。

       2009_1121_101302AA_R.jpg 2009_1121_101454AA_R.jpg

       2009_1121_101511AA_R.jpg 2009_1121_101756AA_R.jpg

HP本体の「日曜写真家のコーナー」にもContaxTVSの作例で同じ構図が結構ありますが、今回それらを意識して再び撮ってみました。
(日曜写真家のコーナーの画像、小さいですね。1990年台末期、まだWebブラウザの画面サイズがVGAか800×600pixelsが主流だった頃のページ製作でしたから.....。)

ContaxTVSは標準価格17万円もする「高級銀塩コンパクトカメラ」でした。写りや発色にも独特の癖があり、かつてのお気に入りではありましたが、今回使った(というか毎度常用の)Finepix F31fdは、写り、発色、小さな筐体、操作性まで含めて何をとってもそのContaxTVSが持つ特色を凌駕していると感じました。

       2009_1121_101933AA_R.jpg 2009_1121_102034AA_R.jpg

       2009_1121_102151AA_R.jpg 2009_1121_102227AA_R.jpg

春先に同じ場所で梅を撮った記事を本ブログに掲載した際、周囲の人から「やっぱりデジ1はいいね。前景ボケとかとっても美しいね。」とコメントを頂きました。有難かったことなのですが、でもそれはデジ1でなくても可能なんですよね。要は撮影の基本が分かっていて、使う機種がそれに相応するかどうかだけです。一眼機構は関係ありません。(これが普段、私が言う「デジカメのあるべき姿に一眼機構は不可欠ではなく、他の本格路線があってもいい筈だ」という主張にもつながります。)

例えば、こんな感じです。絞り開放と近接マクロ、そして背景までの充分な距離の確保、それだけで背景ボケ、前景ボケは表現できます。
勿論、これらは写真の技法として可能というだけで、それを使った写真表現というのは別次元のその先にありますが。

       2009_1121_102608AA_R.jpg 2009_1121_102643AA_R.jpg

広大な空間に対してあまりの独占状態にセルフタイマーで記念撮影を。題名は「観音様との対話」?何を目指しとるんだか.....(^^;)。

       2009_1121_103317AA_R.jpg

まだこの奥地でも紅葉は少数でした。すり鉢状の観音公園の上に、運動場のような台地があり、その先に小さな山の斜面がありますので、そこに紅葉を求めて上りました。

       2009_1121_103527AA_R.jpg 2009_1121_103718AA_R.jpg

ようやく美しい紅葉にたどり着きました。
実は中山寺では、毎回、ここで紅葉画像を得ます。あまり高度が低いところには紅葉スポットはありません。

       2009_1121_104044AA_R.jpg 2009_1121_104337AA_R.jpg 2009_1121_104839AA_R.jpg

ススキも綺麗ですね。日の光を浴びて黄金色に輝いています。

       2009_1121_104951AA_R.jpg 2009_1121_105154AA_R.jpg

火星を除き、多くの天体には色彩は乏しいです。地上には沢山の豊富な色彩が溢れかえっています。それらを時々愛でる機会を持つことは、年々大切なことではないかと思うようになりました。

近年建てられた仏塔ですが、色彩が鮮やかです。日本の寺社仏閣は本来はこのような色彩豊富なものだったそうですね。渋い枯れた世界は経年変化が為した状態に過ぎないそうです。横にある黄色が美しい木々の色合いも霞むほどです。

       2009_1121_105625AA_R.jpg

最後は境内に戻り、きつねそば\500を頂きました。とろろ昆布だけが入っている「おぼろそば」が、あまり他では食べる機会がないお気に入りでしたが、同じ値段だったので、ついそちらを....(^^;)。
自称蕎麦通の私がどうこう言う蕎麦ではありませんが、こういうところで頂く蕎麦はまた格別の味わいです。

       2009_1121_110054AA_R.jpg

流石にもう昼前には人が賑わって、その境内の食堂でも元ヤンキー風の母親が「おら!勝手なことばっかりチャラチャラするからこぼしたやんけっ!」と恐らく3歳も満たない幼子をどなりつけたり阿鼻叫喚です(^^;)。でも元ヤンの母親も七五三、カッとなって怒鳴りつける子の安泰も願うのだ、と思うと、微笑ましいです。きっと仏様はご加護を下さるでしょう。ならば、もう少しは敬虔な私にもぜひご加護をお願いしたいものです(^^;)。

そう思って、遅ればせながらこの後、お賽銭しました。もうこんな年齢ですから、安産を願っても仕方がありません(^^)ので、私につながる全ての人の幸せをお祈りしました。

その後、所用で電車に乗りました。途中で父子が乗ってきて、子が「早くさっきの出して」とせがみます。出てきたのは「将棋入門」でした。
まだ子は小学校低学年に見えました。その本を父子で読みながら「じゃ次はお父さんの番。ここはどう打つ?」とか楽しそうにその子は言ってました。それに逐次応えて一緒に楽しむ父親像がそこにありました。

いつぞや同じ車内の風景で「この子はこの親に折角の知性の芽を摘まれてしまう。」という話を書きましたが、この例はその逆です。こういう親子像が安泰なら、まだこの国も捨てたものではありません。いいものを見せて頂いたという気分がしました。

なんだかほんわか良い1日でした。



スポンサーサイト

テーマ:紅葉 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/22(日) |
  2. 観光
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

祇園祭の山鉾巡行を見てきました。

最近、うちの会社では、有給休暇取得率向上施策なのか「メモリアル休暇」というものを登録させられます。何の記念でもよいらしいのですが、登録と取得を促されます。随分前に登録をしたものの、直前まで忘れていたことと、業務事情もあって、1週遅れて(既に何がメモリアルなんだか)この日、取得しました。
ちょうど京都では祇園祭の山鉾巡行の日で、それを見に1人で朝から出かけました。勤務日と同じくらいに家を出て、四条河原町に着いたのが9:20くらい。山鉾は9:00四条烏丸出発で、阪急特急は、地下を走って山鉾を追い抜かした形です(^^)。
ネットで調べた時間表ではあと20分。ちょうどいい感じで、間に合いました。

       20090717_001

と、駅から地上に出るともう目の前に最初のが来てました。悪天予報もあって、ちょっと進行が早い?
ああでも画像に写っている電光掲示の時計を見るとジャストオンタイムですね。それも凄いことですね。歩みが遅いので、撮影の20分前の到着時にも、もう近くまで来ていたのを、私がちょっと早いと思ったという訳でした。
雨の予報もあったので、この日は静止画はF31fdのみです。ショットによってはEOS20D+SIGMA18-200mmが欲しかったものもありますが....。

        20090717_004 

押し合い揉み合い汗だくになるのではないかと長年敬遠してきた祇園祭でしたが、予想外に人ごみは普通で、河原町角での「辻回し」(方向転換)もよく見れました。他の地方のだんじりと違って、とてもゆったりと進むものなんですね。

       20090717_007

そもそもだんじりとは起源が違うとのことです。昔、869年に国中で疫病が大流行し、多数の死者が出て、「八坂の地に祀られている牛頭大王(スサノウノミコト)の祟り」を沈めるために始めた御霊会が起源であるとのことでした。この儀式によって京都盆地から一斉に沢山の邪霊が天に帰っていくイメージ、分かりますか?ほぼ1ヶ月かけて、そのイメージのために都市機能をも犠牲にする、京都って凄いと思います。爆走突進のだんじりと異なり、とても神妙な感じがするのは、そんな起源から来るものなんですね。

巨大で「辻回し」が見ものなのが「鉾」、小さめで方向転換も軽快なのが「山」というようですね。
これらが「山」です。

       20090717_008 20090717_023

そして、これが「鉾」。お稚児さんのアップはEOS20D+SIGMA18-200mmが欲しかったところです。F31fdの3倍ズーム望遠端と後処理での画像トリミングで、それらしくアップにしましたが、お稚児さんの白塗りの表情が飛んでしまって、木彫りの仮面のようです。このあたりは、やはりしっかりとした大口径高倍率の光学ズームで、もっと大きくズバッと抜きたいショットですね。


        20090717_015  20090717_017


おっと、こんなところまでカメラマンが....(^^;)。

       20090717_012

巡行を追って行ったりしないで、あっさり小1時間ほどで現地を後にしました。家に帰ってもまだ昼過ぎでした。予想された雨も見ている間はほとんど無く、大して疲れもなく、行ってよかったです。春先のお水取りの時にも思いましたが、何だか日本っていいですね。またそんな気がしました。
近県の方はTVでなく一度本物を見ておくことをお勧めします。


テーマ:季節の風景 - ジャンル:写真

  1. 2009/07/17(金) |
  2. 観光
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

満開の桜を求めて1日散策。

今年の桜も満開になりました。
私の住むマンションの周囲もあちこち満開の桜だらけです。住所に「桜」が入っているだけあって、この短い時期においては「ここに住居を構えてよかった」としみじみ思います。
冬には「なんちゃって樹氷」になる並木も満開です。どこかに特別に花見に行かずとも、敷地内やバスロータリーから見える裏山に桜は見えるのですが、季節感の確認までにF31fdを片手に、1人散策してみました。

       20090411a 20090411b

阪急中山駅のホームから遠景に中山寺の新しい仏塔を配して、一枚。
廃屋脇から見事な枝ぶりです。

       20090411c
 
JRさくら夙川駅に至り、川べりを散策しました。

       20090411d 20090411e

       20090411f 20090411g

しかし、周囲は賑やかで、1人は寂しいです(^^;)。が、1人だからいろいろ思いを廻らせながら、桜そのものを楽しむことができます。
最近、いろいろ思うことがあります。忙殺されてなかなか自分の中の様々な思いに向き合うことができませんけれど。なので、寺院の散策と同じく、そういう時間も時には必要だと思っています。


テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/04/12(日) |
  2. 観光
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年の梅にはまだ間に合いました(^^;)。

街中にもう桜にちなんだ広告がちらほら見えるようになり、今年も梅のシーズンを逃したかと思ってました。毎年そんな感じで機会を逃します(年々学習能力が低下中.....。)。
この土曜日、ようやく先日来の長い雨があがりましたので中山寺の観音公園に駄目モトで見に行ってきました。結構残ってました。行ってよかったです。
シーズン外れと悪天候続きだったこともあってか、人はほとんど居なくて貸切状態に近かったです。
(今回の全画像はEOS20D+SIGMA18-200mmによるものです。)

       2009_0314_152724AA2 2009_0314_152823AA2 2009_0314_153703AA2


桜と違い梅は1つ1つの花にフォーカスを当てるのが魅力倍増ですね。

    2009_0314_152408AA2 2009_0314_152443AA2 2009_0314_153233AA2 2009_0314_153538AA2

梅や桜を見に行くと、必ず1本1本の木に「これは五分咲きやな。これは七分やな。これはもう満開やな。あれはまだまだ蕾やな。」と半ば叫びながらブルドーザーのように通過していく(と思ったら、また行ったり来たりで、なかなかそのうるさいのが去らない)おばさんの集団に何度も出くわして閉口しますから、閑散とした広い公園で梅をじっくり見れるのは、贅沢な気分になり良いものです。もっと枝ぶり1本1本を大事に愛でたらどうか、と思うのです。品評の基準が単純過ぎというか。うまく言えませんが....。ああでもやっぱりこの日も1組だけそれが来ましたが、もう帰り際でしたので、今日はもうご自由にどうぞ(^^)、といった感じでした。

無い色のものを探すのにこだわる、というのも、その集団の特徴のようで、この日の1組もやはり「濃い赤の梅がちっともないなあ」と叫んで右往左往されていました。こんなに沢山、目の前にある梅には興味ないですか....という感じが毎回面白いといえば面白いです。梅の花に鼻を押し付けて深呼吸されるように香りを確認されるのも、特徴的です。花粉が鼻腔に入って大変にならないのか、と毎々思ったり...(^^;)。周囲を気にしたくないのですが、とにかく騒々しいので、どうしても気にしてしまいます。

そういえば昔、関東に単身赴任していた時期でしたか、梅を見に行ったことがあります。場所はどこでしたか....。そのおばさんの機械的とも言える単純な品評の逆を行く、1本1本を愛でつつ、皆で語り合うご年配の同好の集団が何組か周囲に居られたのです。最初は微笑ましく見ていましたが、やがて仰天させられました。細やかな品評の後、その品評していたお気に入りの枝を、力任せに折って持って帰られるのです。それもあちこちで....。唖然としました。まあそれよりは「機械的単純品評ブルドーザー」のほうがましですか....。

この「豊後」という品種、ガクが真っ赤で花は薄い桃色、オシベが黄色のものと赤のものが混在同居していました。なかなか綺麗で不思議な感じもしますね。クローズアップに耐える美人の品種だと思いました。

       2009_0314_155123AA2 2009_0314_154254AA2

       2009_0314_154432AA2 2009_0314_154556AA2 2009_0314_155000AA2 

美しいですね。来てよかったです。美しいものを愛でて、その気持ちを画像に残す、これは私の癒しになるのです。それがはかない再現不能なものであれば、尚更、一期一会感があって、貴重な時間と機会を得たと満足できることになると感じます。

先日来の長雨で、足元はかなりぬかるんでましたが、比較的濡れていない路には、梅の花びらが散った後が沢山ちりばめられていて、それも綺麗でした。

       2009_0314_155157AA2

観音公園の外、中山寺の境内に桃色と白の混在した花をつける株がありました。これも不思議ですね。2本の木が若いうちにどこかで融合してしまったのかもしれませんね。

       2009_0314_155623AA2

ちなみに家から中山寺までのバスの中では晴れて来て、先日来の長雨から、ようやく晴れてラッキーだと思いましたが、中山寺に着く前に晴れているのに雨がパラパラ、撮影中はずっとどんよりと暗く、雨でした。帰りのバスの途中でまた晴れてきて、家に着いた頃には雲1つない晴れになっていました。流石は私、といった感じです。

でもまあ、あまり晴れると花やモノの色あいは分からなくなりますからね....(完全に負け惜しみモード....^^;)。

それなら、と銀次を夕方からベランダに温度順応させました。最近2週間の長雨で、月の位相はとっくに満月を過ぎ、ベランダ門限の24時までに月が上がってくるのも今夜が最後でしょう。例のオートフォーカス合焦の問題対策でE5000の再起用をずっと考えていたのでした。追尾撮影が不要な光量豊富の月面撮影には、やはり銀次が真打ちでしょうから。

23時ぐらいまで雲がからんだり晴れたりしてました。月もあがってきて、いよいよ撮影準備開始のところまで晴れで来ました。でも、ベランダの手すりより上に月が顔を出す24時前にはベタ曇りとなりました。門限延長のお願いも視野に入れ、様子を見ましたが、ベタ曇りは変わりませんでした。流石は私(当日ダブルヘッダー)、といった感じです。勿論、翌朝は久々の快晴、流石は....もういいですか....(^^;)。


テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/03/15(日) |
  2. 観光
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2009/03/04に奈良のお水取りを見てきました。

この日、定時に職場を出て、奈良のお水取りを見てきました。
3月始めから毎夜開催されているんですね。1日限定の行事だと思ってましたので、今までなかなかご縁なしでしたが、今年は事前に下調べして、見てきました。
ニュースにも取り上げられる3/12、3/14は特別拝観で、一般拝観者は中に入れないらしいですが、3/1~3/11と3/13は手続きもなく、見ることができます。

仕事終えて現地に着いたのは、19時の開始ぎりぎりでした。立派な山門をくぐり、まだ境内には鹿が沢山居ました。(鹿は帰りに撮ろうと思ったのですが、通った道の都合で撮れませんでした。)会場に着く前に鐘が何度も鳴って、二月堂に着いたときには、もう始まってました。

       20090304_001

一般拝観の当夜は10本のお松明をたった20分で燃やして、それで終わってしまいます。開始20分で終了となるので、あまり遅刻はできないのでした。

行ってよかったです(^^)。
TVニュースではもっとアップで動くのが見えるのでしょうが、生でその場に居合わせるというのは、重要なことに思えました。
とは言え、目で見た綺麗なもの、感動なものは画像記録に絶対に残したい私としては、しんみり現地の味わいを....というには程遠く、天体撮影の際と同様、撮影に没頭、EOS20D+SIGMA18-200mmフル稼働状態でした。まあ今どき周囲の方々も携帯電話のカメラで同様の感じでしたが(^^)。
F31fdで動画も撮りました。音や動きが残るので、こういう対象には動画はいいですね。でもファイルサイズが大きいので、本ブログにはアップロードできません。静止画のみ公開します。

       20090304_021

       20090304_023

       20090304_024_ftd

       20090304_036

この1年の無病息災を願って、火の粉をかぶるのも、できました.....が、安物表面素材のエアテックコートに穴が開かないかちょっと心配でした。もう今は製造されていませんが、私はこれとヒートテックシャツなしに冬は越せませんから(^^;)。

       20090304_033

追記:クリックで新しい画面にHPページが開きます。何故かPCへのダウンロードは無理ですが、クリックしてWebブラウザ上では動画再生できるかと思います。ご確認の上、コメント欄でご報告頂ければ幸甚です。

       お水取りムービー公開のHP単発ページへ

途中で、お松明が何本終わったか、私も周囲の人々も分からなくなり、花火大会のように最後にどーんと盛大なフィナーレが来る訳でもないので、最後に「これで終わり?」「終わりだったら何か知らせてくれるよね?」などと、知らない間柄の周囲の方々と、一瞬即席な連帯感(^^)ができたりしましたが、境内の照明が点灯して、「ああこれで終わりか」とみなさん、さーっと散開撤収されて行きました。

奈良のかたは、お水取りが終わると春が来るとおっしゃいます。一時期、奈良に住んだことがある私も毎年、そういう実感はあります。今年はどうでしょうね。

ようやく三脚を立てられるほど、周囲が閑散としましたので、セルフタイマーで記念撮影を....。
右手前が三月堂、奥が今回の会場となった二月堂です。
冒頭の山門画像を除く全画像は、周囲の雰囲気を壊さないよう、ISO1600、ノーストロボ撮影です。EOS20Dは(動画を撮ったF31fdもそうですが)画質も申し分なく実に良い仕事をしたと思います。

       20090304_045_ftd

この1ヶ月、急にフケました。歳相応と言えばそれまでなんですが。この画像サイズでも当人の目には明らかに分かります。何だか寂しいです。

後日談となりますが、その週の金曜夜に弟の歯科に行きました。診療後、弟から「うちの女性スタッフのほとんどが兄貴の最近の激ヤセぶりに精密検査でも受けたらどうかと言ってる。」と聞きました。当人の目に映る印象だけではなかったのでした。
胃を痛めた2年前以来、体重は12kg減りました。でも今は毎年の人間ドックも異常なしです。加齢で衰えて来ているだけだとの認識で、「メタボ無縁」「背広のサイズが2サイズも落ちた」とか、半ば誇らしげに思いつつ推移に任せていました。でもそんな周囲にまで心配かけるほどなら、頑張って貫禄のつけ直しをしないといかんなあと思いました。



テーマ:京都・奈良 - ジャンル:旅行

  1. 2009/03/08(日) |
  2. 観光
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

FC2カウンター

プロフィール

亀田 滋

Author:亀田 滋
1996年にプロトタイプ公開で始まった「亀田 滋のホームページ」でご好評の「25cm口径反射望遠鏡『銀次』の部屋」(2008/10現在HP全体で12万5000超アクセス)と、掲示板のコーナー1、2(2008/10現在通算26万超アクセス)の続きはこちらで!

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

旅先などでの味わい (19)
天文・天体画像 (67)
ブログ運用 (4)
投稿スレッド (7)
はじめに:ブログ開設ご挨拶 (1)
限定公開 (2)
徒然 (23)
重要告知 (4)
創作関連 (4)
観光 (5)
技術情報 (9)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。